現在地   Topページゲームの仕事Top学生の賃貸物件探し > 忙しくても現地訪問は必須です



ゲーム業界のトップへ戻る。


賃貸物件探し













ネットだけでは分からない事もたくさんあります

賃貸物件を探す時、検索サイトは大変重宝します。
様々な物件情報が掲載されていますし、管理する不動産会社への連絡先なども記載されていて便利です。


しかし、ネットの情報は完璧ではなく、実際に不動産会社や物件に足を運んでみないと分からない事もたくさんあります。
ネットである程度の目星を付けたら、必ず現地に足を運びましょう。



ネット情報の問題点1 ~掲載までのタイムラグ~

ネットを利用した物件探しは手軽で便利な反面、様々な問題点により「完璧」とは言えません。
その問題点の一つに「物件情報が掲載されるまでのタイムラグ」があります。


空き物件が出ると、各管理会社やポータルサイトなどが物件検索サイトに情報を掲載します。
基本的に数日程度で掲載されるようですが、三月頃の引っ越しラッシュでは、この「数日」が命取りとなる場合が有ります。

この頃は不動産会社の店舗は客で賑わっているので、条件の良い物件が出ると、ネットに掲載される前にすぐさま決まってしまう事もあります。
ネットに掲載されたとしても、連絡した頃には既に成約済みになっている事も珍しく有りません。


なので、年明け、特に2~3月の繁忙期にはなるべく店舗に足を運び、新しい物件が出ていないかを細かく聞いて回ると良いでしょう。
馴染みの店員さんに、条件に見合った物件が出たら連絡してもらうように頼んでおくのも手です。
もちろん、連絡があったらすぐさま来店できる様に準備はしておきましょう。



このページのTopへ戻る

ネット情報の問題点2 ~掲載情報と現実との相違~

内見(物件の訪問)を強くおすすめする理由の一つに「ネットの情報と実際の状況の相違」が挙げられます。
情報更新が遅かったり、或いは管理がいい加減だったりと理由は様々ですが、ネットで出てくる情報には結構間違いがあります。


例えば、「徒歩○分」「日当たり良好」「閑静な住宅街」といった情報はあまり鵜呑みには出来ません。
試しに近所の物件を検索してみると、建物に囲まれて日当たりが悪いのに「日当たり良好」と書いてあったり、線路や幹線道路が近いのに「閑静な住宅街」と書いてあることもあります。
また、「近くにスーパー有り」と書いてあっても、実際は既に営業を停止しているという場合もありました。

ネット情報を管理している人が必ずしも現地情報に詳しい訳では無く、営業スタッフの入れ替わりが激しい大手チェーン店の場合だと、そのエリアに疎い人が担当する場合もあります。


また、「広い」「静か」「日当たりが良い」というのは、人によってどれくらいが合格ラインなのかがまちまちだったりします。
物件を紹介する人が「十分静かである」と判断しても、あなたがそう感じるとは限りません。
なので、ネットの情報や営業マンからの情報だけで判断して決めてしまうと、いざ実際に入居してみたら話が違うという事になりかねません。


ネット上の物件情報には建物の外観写真も掲載されていることが多いですが、これにも要注意です。
周辺に鉄道や飲食店など、マイナス要素となるような建造物が有る場合、それが映らないように撮影してあることが多いです。
もの凄く変なアングルから撮影してあったり、妙に画角が狭いような場合、或いは内装写真しか無いような場合は要注意ですね。


これらの事から、最終決定段階では必ず自分の目で確認すべきです。
例え時間が無かったり、繁忙期で一刻を争う状況だったとしても、後々後悔をしないためにも、現地に足を運んで判断すべきでしょう。

可能であれば、曜日や時間帯を変えてチェックできれば完璧ですが、なかなか難しいところです。
日当たりの確認のため、最低でも昼間のチェックはしたいですね。



このページのTopへ戻る


コーナーのTOPへ戻る