現在地   Topページゲームの仕事Top大学と専門学 > 学校に対するイメージや待遇の違いとは?



ゲーム業界のトップへ戻る。


大学と専門学校










大学と専門学校に対するイメージや待遇の違い

大学と専門学校のどちらに進学するかを決める場合、その基準となる要素は様々で、人それぞれです。
ここでは、両者に対するゲーム業界をはじめとする社会からのイメージや、初任給などの入社後の待遇などに関して、私が知っている範囲で検証してみまます。

なお、ここでは厳密な意味で専門学校に含まれない無許可校も含めて検証します。



初任給など、給与面での違い

就職する際に最も気になる要素の一つとして「初任給」が有ると思います。 つまり給料はいくらかという事です。
生活するための資金を稼ぐために働くのですから、給与がいくらもらえるのか、仕事に見合った待遇なのかという点は大いに気にすべきです。


さて、みなさんもご存じの通り、大卒と専門卒では初任給に大きな差があります。 そう、大卒の方が多いのです。
会社にもよりますが、平均で2万円程、大卒の方が初任給が高くなっています。

初任給に差がある理由ですが、これは基本的に「就学期間の差」がそのまま給与の差になっているようですね。
基本的な就学期間が2年間の専門学校と、4年間の専門学校では、後者の方が初任給が高めに設定されています。
「就学期間が長い方がより多くの事を学び、身につけている」という解釈でしょうか。


ただし、専門学校と言っても就学期間が3年や4年の学校・学部もありますし、大学と言っても就学期間が2年の短大もあります。
また、大学で4年間学んだ後でさらに大学院に進学する場合もあり、その場合はさらに就学期間が多くなります。

こういった場合も、基本的に同期間の就学期間であれば、初任給も同程度となります。
つまり、2年制の専門学校卒業者と短大卒業者の初任給はおおむね同じです。



では、可能な限り初任給を多くするために、頑張って大学院まで進学した方が良いのかと言うとそうでもありません。
その間必要な学費はとんでもない額になりますし、2年制の専門学校や短大卒業者と比べても年齢的なハンデも大きくなります。

そもそも、学びたい事がある場合はともかく、初任給目当てで大学院まで進学するのは無謀というか本末転倒な考え方ではないでしょうか。

普通に2年または4年で卒業し、さっさと就職して職場でどんどん経験を積んだ方が、結果としてその後のステップアップが速いというケースもあるでしょう。


さて、初任給に関してはおおむね就学期間に応じたものであるという事を説明しましたが、では、その後の昇級に関してはどうでしょうか?


これに関しては、私が知っている限りでは基本的に入社後の頑張り次第である場合が多いです。
有名大学を卒業していても仕事が駄目な人はいつまで経っても昇級していませんし、マイナー校や専門卒でも頑張って仕事を認められた人は昇級しています。


ただし、会社によってはまともな人事評価制度を持っていない場合もあり、いくら頑張っても昇級しない事もあるようです。
そんな場合はスタート時の給与が高い方、つまり大卒の方が結果として待遇が良いという事になるかもしれません。


悲しい話ですが、酷い会社の場合は、大卒とか専門卒とかいう問題ではなく、単に「上司に媚びを売るかどうか」が昇級の鍵になる場合もあります。

希な例だとは思いますが、「頑張っているのに報われない」という事は有ります。
それが学歴なのか人間関係によるものなのかは状況にもよりますが。



このページのTopへ戻る


大学や専門学校に対するイメージとは?

大学や専門学校と言っても膨大な数がありますし、学校・学部・学科・講師など、同じ学校内でも評価対象となる要素は多岐にわたります。
それ故に、単に「大学」「専門学校」という大きな単位で評価する事には何の意味もありません。


しかし、これまでの自分の経験から分かった範囲では、どうしても大学の方がイメージが良く、逆に専門学校の方はイメージがあまり良くありません。

その理由を色々と調べたり考えたりしたのですが、どうも就学期間の長さの違いではなく、学校の入学難易度や、一部学校のイメージが全体に波及しているのが原因ではないかという結論に達しました。


例えば、程度の差こそ有れど、センター試験や入学試験などで一定以上の難易度を持つ試験を突破する必要がある大学に比べ、専門学校は入学試験の難易度が非常に低く、場合によっては願書提出のみで合格できる学校もあるようです。 言い方は悪いですが、ある意味「誰でも入れる」というケースもあります。


また、専門学校は入学難易度が低い故に、
■「大学に行けなかった人が行く学校ではないか」
■「目的を持たない人が何となく通学しているのではないか」
といった偏見を持たれているのもまた事実です。


定員割れを起こす大学が続出したり、大学卒業後に改めて専門学校に入学する人が多くいる状況を考えると、上記のような考え方は短絡的と言えるでしょう。

また、大卒者であれば、全ての人が高い技術や知識、人間性を持ち合わせているという訳でもありません。


入学難易度だけでなく、学校が設置している学部・学科に関しても、学校に対するイメージに影響を与えているようです。


例えば、大学の「経済学部」や「法学部」等の学科に対して「何をやるのかはよく分からないが、とりあえず凄そう」というイメージを持つ人は多いようです。
詳細を知らないのにイメージだけで判断するのはおろかですが、多くの人が抱くイメージはこういう物でしょう。

それに対して、専門学校、特にゲーム系の専門学校の設置している学科には、「ゲームコース」「漫画・アニメ科」という風に、娯楽名がそのまま付けられた学科・コースが多いです。


単純に単語の持つイメージだけで判断すると、「経済学部」や「法学部」と「ゲームコース」「漫画・アニメ科」では、どちらが良いイメージを抱くかと言われれば、多くの場合は前者ということになるはずです。

もちろん、学科名だけで内容の善し悪しを断じている訳ではありませんよ。 あくまで一般的なイメージとしての話をしているのです。



これはゲーム業界そのものに関しても言える事なのですが、業種名に「ゲーム」とか付いているだけで「不真面目な仕事」というレッテルを貼られてしまう事も多々あります。

娯楽が無い人生などあり得ないし、世界にまたがる巨大なビジネス市場を生み出し、現在では学習やセラピーの一部としての役割も認められつつあるのに関わらず、です。


これは非常に残念な事ですが、「ゲーム」や「アニメ」といったキーワード及びそれに関連する仕事に対する偏見が改善されるのは簡単ではないと思われます。
もちろん、全てが偏見という訳ではなく、それを裏付ける然るべき理由があるのもまた事実ではありますが。


さて、話がずれてしまいましたが、特定の学校の持つイメージが、全体的なイメージに影響を及ぼしている場合もあります。

これも主に専門学校や無認可校に関する事なのですが、これらの中には非常に評判の悪い学校がいくつか存在します。
設備や講師のレベル、多すぎる学生、それらに対して高すぎる学費などが主な要因のようです。

企業がビジネスとして運営している学校の場合、利益追求を重視する余り、内容が伴わない学校も存在するようです。
そして、それらの強烈なイメージが専門学校全体のイメージとして捉えられてしまうのかもしれません。


言うまでもない事ですが、しっかりとした教育方針を持ち、充実した設備や講師をそろえ、優れた学生を業界に送り出している学校もあります。
また、大学であれば問答無用で大丈夫という訳でもありません。

それらを見落とし、一般的なイメージだけで進学先を決めてしまうのは危険です。
多くの情報を集め、自分の目で見て冷静に判断しましょう。



このページのTopへ戻る


コーナーのTOPへ戻る