現在地   Topページゲームの仕事Topゲーム業界からの転職 > 何故ゲーム業界から転職したのか?



ゲーム業界のトップへ戻る。


ゲーム業界からの転職









何故ゲーム業界から転職したのか?

ゲーム業界に限らず、一度就職したからには少なくとも数年は働く事になるでしょう。
その間、親しい同僚や仕事のノウハウなど、かけがえのない物をたくさん得るはずです。

しかし、それを捨ててまで転職する人は後を絶ちません。
彼らが転職を決意する理由とは何なのか?


このような点について分析してみましょう。



人それぞれですが、ゲーム業界の労働環境が原因の場合が多いです。

ゲーム業界の離職率に関しては、少なくとも私の周囲では「高い」という事で間違い無いと思います。

ここは「ゲーム業界以外への転職」を取り扱っているコーナーなので、「なぜゲーム業界で働くのを辞めたのか」を検証してみます。


私の周囲における、各人の転職の理由は、

大まかですが、上記のような内容となっています。

給与に関する問題

まず最初はこれです。 給与が割に合わなくて転職する、これは恐らくどの職業でもあり得る問題ではないでしょうか?

「ゲーム業界は派手で景気良さそうだから給料いいんじゃないの?」とか「一部上場企業だから高給取りでしょう?」
このような質問は何度もされた事がありますが、実際はそう単純な問題ではありません。


「派手に見える」=「景気が良い」とは限りません。 ゲームという物はCGや映像が前面に出てくる「遊び」なので、どうやっても派手に見えます。 広告をバンバン打っていても、それが空回りしていたり、有名クリエイターが暴走しているだけの場合も多々あります。

また、「一部上場企業だから給料が良い」のではなく、「給料が良い企業が給料が良い」のです。
給料の善し悪しに上場の有無や会社の規模は直接関係有りません。


このように、給料の善し悪しは企業次第なのに、逆に「労働環境の悪さ」はほとんどのゲーム業界関連企業に共通しています。

そうなると、「こんなに忙しいのに、この安月給はあり得ない」という事で去って行く人は多いです。

その際に「次の職種にゲーム業界を選ばない理由」ですが、今までの例をまとめると、「どうせ給料が変わらないなら、少しでもゆとりが持てるゲーム業界以外がいい」という考えを持つ人が結構いるようですね。

労働環境に関する問題

労働環境に関する問題も非常に多いですね。 これは他の理由と絡んでいる場合が多いですね。

純粋に「仕事かキツイ」という場合もあれば、「仕事がキツイ割には給料に納得がいかない」とか、或いは「私生活や趣味に回す時間が欲しい」という理由の場合も有ります。


これらに対処するため、例えば「副業で儲ける」とか「出来る限り会社の近くに住んで通勤時間を削る」等を実行する人もいますが、そもそもゲーム業界その物に問題があるので根本的な解決にはなりません。

しかも、ゲーム業界の労働環境が改善される見込みは限りなく薄いので、「もはやこれまで」とばかりに転職する人が多いという訳です。

家庭に関する問題

家庭に関する問題で転職する人は、前述の二つに比べれば少数派ですね。(私が知らないだけかもしれませんが)
ここで言う「家庭の問題」とは、仕事が忙しくて子育てなど家庭での活動に回す余裕が無いという事です。


希に夫婦共働きで両方ともゲーム業界勤務というケースがあります。
この場合はゲーム業界の過酷さに互いに理解がありますので少しはマシです。

しかし、ほとんどの場合は家庭での時間を捻出できずに業界を去って行く事になります。

・・・破局を迎えた例も知っています。

実家の家族に関する問題

これは「ゲーム業界関連企業は東京に集中している」という理由に基づくケースですね。


みなさんご存じかと思いますが、ゲーム業界に関連する企業は、大小問わずに東京に集中しています。
極希に関西などの東京以外の地域にもありますが、数で見るとかなり少数派ですし、本社や開発拠点を東京に移転している企業も多いです。

私の勤め先でも、働いている社員は全国津々浦々から集まっています。
大都市圏の割合は多めですが、出身地の内訳は非常に多彩で、関東以外の人が大半を占めている状況です。
つまり、多くの人が「遠く地元を離れた場所で働いている」という事になります。


ここで問題となるのが、実家の両親が高齢になったりして生活のサポートが必要となった場合、実家と職場が離れすぎている為、仕事と介護の両立が不可能になると言う点です。

地元に居る兄弟などがサポートしてくれる場合はともかく、ほとんどの場合は仕事を辞めて地元に戻る事になります。


この場合、必ず出てくる、しかも極めて重大な問題が「地元に転職しようにも、職がない」という点に尽きます。
これに関しては、他のコーナーにて詳しくお話ししましょう。


コーナーのTOPへ戻る