現在地   Topページゲームの仕事Top学生の賃貸物件探し > 電話勧誘とは



ゲーム業界のトップへ戻る。


賃貸物件探し






















悪質勧誘の手口「電話勧誘」とは

前のページでは「訪問勧誘」に関して説明しましたが、今回は「電話勧誘」に関して説明します。

文字通り電話による勧誘ですが、訪問するよりも手軽(?)な為、ちゃんと断らないとしつこくかかってくるのが特徴です。


では、具体的な内容と、どう断れば良いのか?
今までの経験で身につけたコツをご紹介しましょう。



勧誘の手口 その2 ~電話がかかってきた場合~

「訪問勧誘」と並ぶ代表的な勧誘の手口が「電話勧誘」です。

何気なく電話を取ったら地獄の始まり・・・ それ以来怖くて電話を取る事ができず、鳴り止むのをひたすら待つ。
そんな悲惨な事態にならないように、内容と対策をしっかりと把握しておきましょう。


電話がかかってくると言う事は、相手にこちらの電話番号が漏れているという事です。
電話帳に載せなければ確率は減りますが、それでもかかってくるものです。

個人情報はいくらでも漏れる時代ですし、防ぐのは難しいのでここでは触れません。

電話がかかってきた! どう対応する?

さて、ナンバーディスプレイ対応の電話機だった場合、知らない番号だったら出ないという方法もあります。
しかし、そういった電話の中には配送業者など、有用な電話も含まれている事が多いので、知らない番号は無視するというのはあまりオススメしません。

そうなってくると、電話がかかってきたら、とりあえず出てみる事になります。
知人や勧誘以外の業者等だったらそのままやりとりして終了すれば良いのですが、もし勧誘だったらどうするかを説明しましょう。


最初に注意すべきは、すぐに勧誘と分かる内容ではなく、回りくどい言い方をして,気がついたら勧誘の話になっていたという場合があるという点です。
そういった場合、断りにくい状況になる可能性が高く、そもそも時間の無駄です。

なので、電話を取ったら,まず最初に「誰か? 何の用か?」をハッキリさせましょう。 この点は訪問勧誘と同様ですね。
で、内容を確認し、自分にとって必要かどうかを判断します。 例えばそれがマンションの勧誘で、ちょうどマンションが買いたいと思っていたのなら話を聞いてみるのも良いでしょう。


しかし、ほとんどの場合は不要だと思われるので、さっさと断るに限ります。



このページのTopへ戻る

どうやって断るか?

では、断る時はどうすれば良いかですが、やはり訪問勧誘への対策と同様に、「ハッキリと断る」これに限ります。


ここで注意すべきは「とりあえず話を聞いてから」とか思わない事です。
相手が話し始めるとひたすら長くなりますし、次から次へと甘言を繰り出してくるので、断るタイミングを逸してしまう危険性もあります。

勧誘の内容を確認し、不要と判断したのならば、相手が話し始める前に、仮に話し始めても、それを遮って「いりません」とハッキリ伝えてください。


この時、暴言を吐いたり、いきなり電話を切ったりしない方が賢明です。
訪問勧誘と違って電話でのやりとりなので、いきなりトラブルになる事はありませんが、電話番号を把握されているという事実に変わりはなく、激情した相手が良からぬ事をする可能性もあります。

断る場合は、あくまで冷静に対応する事をお忘れ無く。



このページのTopへ戻る

個人情報の取り扱い

さて、見事断った場合、そのまま電話を切っても良いですが、ついでにリストから自分の情報を消すように要求するのも手です。

相手は裏ルートから入手した情報をリスト化して電話をかけてくる訳なので、その業者から二度とかかって来ないよう、しっかりと削除させましょう。

「どこから情報を入手したのか?」など聞いても絶対教えてくれないし、よけいなトラブルの元なので、「個人情報保護の為、自分の情報を消してください」と伝えましょう。
他の場所で情報が出回っている可能性は高いですが、同じ業者からすぐにかかってくる事はなくなるはずです。


私の経験ですが、数年前にマンションを断った業者から再び電話勧誘がかかってきました。
しかも、ふてぶてしくも「数年前にお電話した○○ですが~」とか言うのですよ!
次からは,リストから削除するように徹底するつもりです。



このページのTopへ戻る

電話勧誘に対して、やってはいけない対応とは?

電話勧誘に対する対応で最もマズイのが「無視する」「時間や予算を理由に遠回しに断る」というものです。
これらの何がマズイのかと言うと、あくまでその時の電話から逃げているだけであって、根本的に拒否した事にはなっていない点です。


まず着信を無視した場合、相手からすると「不在だった」としか思いませんので、あなたが電話に出るまで何度でもかかってきます。
そりゃそうです、まだ電話に出ぬあなたが顧客になり得るかもしれないのですから、可能性が有る限り何度でもかかってきます。

この手の電話はかなりしつこく、平日はもちろん週末でも、そして早朝から夜遅くまでしつこくかかってきます。
しかも、一回あたり数分間も鳴らし続ける事もめずらしくありません。
そんな電話を無視し続けるのはかなりの苦痛です。


「お金がない」「時間が無い」などと言ってとりあえず逃げるのもよくありません。
訪問勧誘の時と同様に、「では、いつお金(時間)に余裕があるのか?」とか「ローンも対応しております」などと言って話が終わらないからです。 ズルズルと行ってしまう危険性が高いです。


やはり、「不要である」「契約するつもりはない」という意志を早めに、そして明確に示すこと。
そして、あくまで大人な対応に徹する事が重要と言えるでしょう。



このページのTopへ戻る

逆ギレする業者

最近問題となっているのが「逆ギレ」する業者です。
「逆ギレ」とは、本来ならば怒られる立場の人が、逆に怒って(それも猛烈に)しまう事を指します。

つまり、勧誘に対して拒否などをすると、「こちらが真摯な対応で接しているのに、断るとは何て野郎だ!」などと、意味不明な態度で逆に怒り出すという訳です。


その勧誘員の性格自体が短気である場合も有りますが、多くの場合、相手が動揺した隙につけいる手法です。
突然相手が怒り始めると、たいていの人は動揺しますし、何となく負い目を感じて、ついつい断れず、気がついたら契約を・・・

怒られる理由もなければ、負い目を感じる必要も全くありません。
しかし、それでも屈してしまう人がいるのも事実。


もし相手が逆ギレしても、あくまで冷静に対応しましょう。
もし面談を了承してしまうなどしてしまった場合、すぐさま消費者センターなどに相談すべきです。



このページのTopへ戻る




コーナーのTOPへ戻る


全国対応・総合賃貸物件検索サイト「CHINTAI」