現在地   Topページゲームの仕事Topゲーム雑学Top > オタク in 中国 その1 ~上海のゲームセンター~



ゲーム業界のトップへ戻る。


世界の中のオタク

sidenavi_right

中国・上海のゲームセンター「Players Arena」に置いてあった物とは!?

日本ではお馴染みのゲームセンターですが、海外ではあまり一般的な物ではないようです。
しかし、数は少ないものの、ここ上海にも大型ゲームセンターがあり、様々なゲームが設置してありました。



上海の大型ゲームセンター「Player`s Arena」

日本ではお馴染みのゲームセンター(アミューズメント施設)ですが、数は少ないものの、ここ上海にもあります。
今回はセガの大型施設「Player`s Arena(プレイヤーズアリーナ)」をご紹介しましょう。


上海・人民広場 player`s Arena

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

上海市内にある「人民広場」という場所は、テナントが詰まったビルが建ち並ぶ大変活気のあるエリアで、日本で言うならば銀座や新宿といった感じでしょうか。

この人民広場の地下鉄入り口の近くにあるビルの一角に「Player`s Arena(プレイヤーズアリーナ)」はあります。
ビルの1階入り口部分にはソニック関連のキャラクターのイラストがありました。


大量の筐体があります。 賑わう施設内。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

このように、施設内にはレースゲームやガンシューティングゲームなどの筐体が所狭しと置かれており、大変活気があります。 若者や家族連れも多く、日本におけるジョイポリスの様な雰囲気の場所でした。


コナミ・正義のヒーローの中国版。 セガ・ハウスオブザデッドの中国版。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

置いてあるゲーム機のほとんどは日本製、もしくはそれを模倣した海外製品です。(後ほど紹介します。)
左の写真はコナミの「正義のヒーロー」の中国版で、右の写真はセガの「ハウスオブザデッド4」の中国版ですね。

このように、基本的なローカライズ(翻訳など)を施された中国語版が導入されています。
それにしても、「ハウスオブザデッド4」を中国語に訳すと「鬼屋4代」なんですね。


東京ウォーズ バーチャコップ3

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

こちらはナムコの「TOKYO WARS(トウキョウウォーズ)」とセガの「バーチャコップ3」ですね。

市街地に戦車が侵攻する・・・非常にデリケートな内容のような気がしますが、そうでもないのでしょうか?
そういえば、先日のニュースで、建国記念日には戦車がパレードをするとか言っていましたね。
見慣れた風景なのかもしれません。



このページのTopへ戻る



中国市場に氾濫する、どこかで見たような製品の数々

我々日本のコンテンツ産業が直面している問題の一つに「模造品・海賊版」の存在があります。
ここ上海ではそれを実感する事ができました。


コナミの音ゲーかな? 見た事もない模造品。
インターフェース部分 ゲーム画面

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

左の写真では、一見コナミの音ゲーかと思うのですが・・・
近づいてみると、見た事はないのにどこかで見た事のある、ソックリな謎の商品でした。


太鼓の達人? 中身はポップンミュージック?

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

左の写真を見る限りでは、バンダイナムコゲームスの「太鼓の達人」かと思うのですが・・・
近づいてみたら、やはり本物にソックリな製品で、しかも中身はコナミの「ポップンミュージック」もどきでした。


似ているインターフェース。 似ている曲目紹介。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

・・・バンダイナムコ製ですか? 姉妹品でしょうか??


太鼓の達人の本物。 太鼓の達人の偽物。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

左のは本家バンダイナムコゲームスの「太鼓の達人」ですが、右のはその類似品です。


ここで注意すべきは、

我々コンテンツメーカーは、普段は目の届かないような場所においても、このような問題と隣り合わせであるという事を改めて認識するべきではないでしょうか。



コーナーのTOPへ戻る