現在地   Topページゲームの仕事Topゲーム雑学Top > オタク in 中国 その2 ~上海のコンビニや書店~



ゲーム業界のトップへ戻る。


世界の中のオタク

sidenavi_right

上海にはファミマもユニクロも有ります

前回は中国・上海の大型ゲームセンターをご紹介しました。
今回は、同じ上海で見かけた漫画やアニメ等の日本製オタクコンテンツをご紹介しましょう。



上海のコンビニは外見も中身も日本とほとんど一緒。

日本の大手コンビニ会社も中国に進出しており、上海で見かけたのはファミリーマートとローソンです。
外観・内装・商品など、基本的には日本と同じで、違う点は中文のロゴやおでんの具、そして店員が中国人という点くらいではないでしょうか。

「全家」ことファミリーマート。 ローソンも漢字です。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


ファミリーマートは中文で「全家」と書くようです。
ローソンも同様に中文ロゴがありますが、1文字目はどうやら日本語には存在しない文字のようです。


大量の筐体があります。 賑わう施設内。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


これらのコンビニで販売されている商品はほとんど日本と同様です。
中国語にローカライズされた商品と日本から直輸入された商品が併売されているケースもあり、後者の方が若干価格が高めでした。

ヤクルトなどの定番商品に加え、私が行った当時は「テニスの王子様」関連の飲料水が販売されていました。
また、「リポビタンD」や「かっぱえびせん」などの模造品(どうやら韓国製のようです)と本物が並んで売られていたりもしました。


中国で大人気のドラえもん。 ネスレからドラえもんが?

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


中国で大人気の日本製コンテンツですが、特にドラえもんが大人気らしく、玩具からお菓子に至まで、ここかしこで関連グッズを見かけました。

上の写真は売店で見かけたアイスで、味はバニラでした。
そういえば、ちょっとしたオマケの人形が付いていたような気がします。

 

このページのTopへ戻る



中国では日本の漫画やアニメも大人気。

私が上海のコンビニ・書店をチェックした限りでは、日本のように漫画雑誌などは発売されていませんでした。
わずかに一部の書店にローカライズ(翻訳)された日本製のコミックなどが置いてあった程度です。


レディースコミック? 日本製?

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


上の写真は、上海市内の大型書店の一角で見かけた書籍です。
中身が確認できなかったので漫画なのか小説なのかは不明ですが、カバーを見た限りでは日本のレディースコミックの様な感じですね。

作者名が中文で書いてあるのですが、絵柄などがかなり日本的に垢抜けているのが特徴です。
日本製? 中国製? 真相はどうなのでしょうか。


中国にもしまじろうが! VCDって何?

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


上海市の大型ショッピングモール内に、日本で人気の「しまじろう」の広告が!
毎朝出勤前にテレビを付けるとこの番組のエンディング(?)が流れていたのですが、そのノリの良い曲に思わずCDを買ってしまいました。

話がずれてしまいましたが、この広告はどういった内容なのでしょうね?
「VCD」って何でしょう? ビデオCD? そもそも、本当に「しまじろう」の広告なのでしょうか・・・


ドラえもんのイラスト。 CCさくら?

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


上の写真は、ホテルの近くのデパートで開催されていた小学生(たぶん)のイラスト展示コーナーで撮影した物です。
どちらも日本で人気を博した作品がモチーフですが、ここ中国でも子供に人気があるようです。

左のドラえもんのイラストですが、風になびくのび太の髪、実に芸が細かい!
ところで、ドラえもん達は一体何に乗って飛んでいるのでしょうか? 木箱?

右もどこかで見たようなアニメキャラのイラストですが、一体どういう媒体を経由して現地の子供達に伝わっているのでしょうか?



コーナーのTOPへ戻る