現在地   Topページゲームの仕事Top > 学生の賃貸物件探し1


HOME

Sight Map

ゲーム業界の仕事TOP


スポンサーリンク


就職に際した賃貸物件を探し始めるタイミング

高校を卒業して大学や専門学校へ進学する人、或いはゲーム業界に就職して働き始める人。
これらの多くは一人暮らしをする事になると思われます。

色々慣れない事だらけで苦労すると思いますが、まず最初に直面する問題は「いつ物件を探し始めればよいのか?」と言う事です。

言うまでもなく、進学先や就職先が決まっている事が大前提条件なのですが、他にも色々と条件が絡んでくるので簡単ではありません。
最も重要で最も難しいものが「物件を探すタイミング」という訳です。

ここでは、物件を探すタイミングに関して、過去の経験から色々アドバイスしたいと思います。
なお、ゲーム業界関連の学校への進学、或いは就職をする学生向けの情報に絞っています。

  • 初回公開日:2008年5月
  • 最終更新日:2018年3月
  • あくまで私個人が趣味で収集したデータを公開している場です。
  • 情報は日々変化しており、内容の正確性の保証はしません。
  • 無断転載・改変盗用等は厳禁。 判明した場合は対処します。

ゲーム業界イメージ

進学先・就職先が決定した時点で物件探しを開始

前述のとおり、大前提条件として、まずは進学先や就職先が決まらないと意味が有りません。
なので、本命から合格通知や内通知が来た段階が物件探しのスタートとなります。

しかし、時期が早すぎても遅すぎても問題が有るので注意しましょう。


賃貸物件の空室が増える時期は?

アパートなりマンションなり、賃貸物件に入居するためには、当然ですがその物件に空き部屋が無いといけませが、年内いっぱいは空室があまり有りません。
良い部屋に巡り会える可能性も有りますが、選択肢が少ないので、その時点で決めてしまうと希望するような物件に巡り会えない可能性が高いです。


年が明けると、進学や就職で内定を獲得した人が一気に増えます。
それぞれ進学や就職に向けて引っ越しを始めるので、このタイミングで空室が増えます。
つまり、この時期は入居希望者と転居希望者が共に増えるという訳ですね。

退去者と共に入居希望者も増えるので、あまりのんびりやっていると好条件の物件が次々に成約済みとなってしまいますので、遅くとも二月中には物件を確定したいところです。


賃貸物件検索サイトには空室情報が随時掲載されますが、情報が反映されるまでにはある程度の時間が掛かります。(数日~1週間程度)
この時期は引っ越し市場における繁忙期で有るため、ネットに空室情報が掲載される間もなく、直ぐに次の入居者が決まってしまう事も珍しく有りません。

なので、ネットのみで物件探しをすると全ての空室情報をチェックできない場合が有るので、なるべく実際に店舗を回って空室を確認しましょう。

  • 空室が本格的に増えるのは年明け1月以降です。
  • しかし、入居希望者も多いので良い部屋は直ぐに無くなります!
  • 繁忙期は情報がネットに出る間もなく埋まる事も有るので注意!

良い物件を見つけたら即座に契約してもいい?

また、好条件の物件を発見しても、契約を結ぶタイミングに注意が必要です。

賃貸契約というのは入居日から家賃が発生するため、あまりにも早いタイミングで契約を結ぶと、実際に入居するのはまだ先でも、契約上は家賃が発生することになります。

例えば、1月に契約し、実際に入居するのは3月だった場合、その間の家賃はどうなるのか?
入居希望者としては「実際に入居するのはまだ先だから、その間の家賃は払いたくない」ですが、大家さんとしては「物件を契約したんだから家賃を支払って欲しい」となる訳です。


契約時に管理会社と交渉する事で、契約日と入居日が離れている場合でも、家賃の発生を入居日まで待って貰う事は可能です。
が、それはあくまで時と場合により、極端に期間が空く場合は不可能な場合も有ります。

物件のオーナーにとっては家賃が収入となるわけですから、よほどの閑散期や不人気物件でも無い限り、数ヶ月間も物件をキープしておくメリットが無いからです。
次々と現れる入居希望者とさっさと契約して家賃収入を得た方が良いに決まっています。


なので、あまりにも早めに物件を探して契約しようとすると、契約時に家賃の支払いに関して問題が発生する可能性があります。
これらの事から、やはり探し始めるのは年明けくらいからが良いでしょう。

  • 契約日と入居日が極端に離れている場合は家賃が発生する場合も。

賃貸検索サイトで土地や物件相場の情報を仕入れておこう

もし早めに進学や就職が決定した場合は、物件検索サイトを活用して情報収集をしましょう。
ネットの賃貸情報は古かったりおとり物件が混ざっていたりして完全に信用は出来ないのですが、引っ越しを予定する地域の地図や賃貸相場を把握するのには役立ちます。

その時点で好条件の物件があれば、内見(実際に物件を見に行くこと)して決めてしまっても良いですが、あくまでも慎重に行動しましょう。


年が明けて空き物件がたくさん出るようになったら本格的に物件探しを始めましょう。
進学決定が年明けの場合はすぐにでも活動を開始しないと、三月に入ってからだと人気のない(条件の悪い)物件しか残っていない可能性も出てきます。

年が明けてからの引っ越しシーズンになると、あっという間に成約して物件が無くなってしまうことも日常茶飯事なので、慎重かつ迅速に行動することが重要です。

なので、事前に希望する地域や物件の相場などを調査しておくことが重要と言う訳です。
土地や家賃相場などに対する情報が無いと、賃貸会社から適当に勧められた物件をよく分からないまま契約する事になりかねません。

  • 事前にネットで家賃相場や周辺地図を確認しておきましょう。

賃貸物件情報サイト「アパマンショップ」

Apaman Network株式会社が運営する賃貸物件検索サイトです。
同社は規模・店舗数は賃貸業界最大手であり、大都市はもちろん、ある程度小さな都市にも店舗があるため、青と白のイメージカラーの店舗を見た事がある人は多いと思われます。

物件の多さはもちろん、物件の写真や詳細情報も豊富で分かりやすく、検索方法も色々用意されていて検索しやすいのも助かります。

アパマンショップの賃貸情報

賃貸物件情報サイト「ホームアドパーク」

株式会社アドパークコミュニケーションズが運営する賃貸物件検索サイトです。
細かい条件で検索でき、ヒットする物件も多めなので、家賃相場を探るのにも活用できます。

学生の物件探しを応援すべく、大学名から物件を検索する機能も搭載。
通勤・通学時間や駅名検索など、必要な機能が揃っているので、学校が決まればスムーズに物件検索が可能です。

◆一人暮らし応援◆学校名から最適の物件を探せる、学生向け賃貸専門サイト

賃貸物件情報サイト「キャッシュバック賃貸」

公式サイト経由で契約すると、なんとキャッシュバックが得られるという賃貸サイトです。

賃貸物件サイトとしては比較的新しいですが、主要賃貸管理会社の物件情報を幅広く取り扱っているため、全国各地のアパート・マンションの情報が豊富に登録されています。

物件の概要や写真が豊富に掲載されている為、事前に当たりを付けやすい点が良いですね。

キャッシュバック賃貸~祝い金がもらえる賃貸情報サイト~

このページのTopへ戻る


「学生と新社会人の物件探し」ページメニュー

学生と新社会人の物件探しをサポートする各種ページはこちら!


スポンサーリンク


学生・社会人の賃貸探しコーナーTOP

ゲーム業界の仕事コーナーTOP



関連記事(一部広告を含む)

Page Top