現在地   Topページゲームの仕事Topゲーム業界で使用しているツールは? > ゲーム業界で使用している3Dツールは?



ゲーム業界のトップへ戻る。


ゲーム業界のツール





ゲーム業界で使用している3DCGツールは?

ゲーム業界で仕事をするに当たり、私が使用している各種ツールをご紹介します。
もちろん、これはあくまで私の場合ですので、あくまで参考程度に。




ゲーム業界で使用している3DCG用ツール

3DCGツールとは、文字通り三次元のCGデータを作成するツールです。

一口に「3DCGデータ」と言っても実際には多くの種類に分かれており、分業化が進んでいるゲーム企業では、それらを専門の人が作成する場合も多いです。 いくつかご紹介しましょう。



■キャラクター・メカ・クリーチャー
ほとんどのゲームにおける主役がこのキャラクター・メカ・クリーチャーです。
最初に設定画を作成し、その後3Dモデル化を行い、最後にモーションを付けます。

大手企業の場合、設定画・モデル・モーションはそれぞれ専門のスキルを持ったデザイナーが担当する事が多いです。
特に設定画に関しては、外部のイラストレーターを起用する事も多いです。

それぞれの段階で「3Dモデルにしやすいように」「モーションを付けやすいように」といった感じで、次に担当するデザイナーの作業を考慮したデータ作りが求められます。


■背景
キャラクターやメカは重要ですが、それらが動き回る世界である「背景」も重要パートです。
地面などの地形、街などの建造物、そして天球(空)に至るまで幅広く、地形を担当するデザイナーと、建造物や樹木などの小物を担当するデザイナーが別れる場合があります。

背景の中に川や滝などがある場合、当然ながら水や水しぶきが必要になりますが、それらはエフェクトデザイナーが担当する場合が多いです。


XSI 3dsMax

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


こちらは代表的な3DCGツールの画面です。 左がXSI、右が3dsMaxですね。

地味な無彩色の背景に、数字や英語だらけの、実に飾りっ気のない画面ですが、ツール類はみんなこんな感じです。
ウィンドウやボタンが大量にあって混乱しそうですが、常に全てを使用するわけではありません。


カーブ編集。 グリッドやポリゴン。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


左はカーブエディタと呼ばれる物で、移動や変形など、様々なパラメーターのアニメーションを制御します。
緩やかなカーブだけでなく、直線なども織り交ぜながら動きを付けていく事になります。
「ベジェ曲線」と呼ばれる曲線の制御方法は基本中の基本ですので、早くマスターしましょう。


右はプリミティブと呼ばれる基本的なモデルを呼び出したところです。
ツールの種類によって差がありますが、3DCGツールには複数の基本モデルがあらかじめ登録されており、手軽に使用できるようになっています。

求めるモデルを作成するとき、基本モデルを変形していくのが基本パターンなので、どのモデルをどう変形させていくと早いかを考えましょう。


それでは、具体的なツールの内容を見てきましょう。

このページのTopへ戻る


Softimage / XSI

90年代末頃に3DCGが大ブームとなった時から主要ツールであったのがSoftimage3Dです。
XSIはその後継ツールに当たり、現在では販売会社の吸収合併により、Softimageと言う名称になっています。

当時は非常に高価なツールでしたが、今では大分安価で購入できるようになりました。(それでも数十万から百万前後もしますが。)
専門学校やゲーム企業でも大量に導入されているので、このツールに触れる機会も多いでしょう。

Maya

MayaはXSIと並ぶ主要3DCGツールで、独自のスクリプトによって機能拡張が容易なのが特徴です。
ゲーム業界のみならず映像業界などでも多く普及しており、現在の主要3DCGツールの筆頭とも言えます。

XSI同様に安価な学生版(アカデミック版)などが発売されているので、興味があれば是非。

3dStudioMax

こちらも定番の3DCGツールで、元々は北米で人気が高く、現在では日本でもシェアを広げているようです。
前述のXSIやMayaに比べると安価ですが、それでも数十万円もする高価なソフトです。

アフターバーンやキャラクタースタジオといった強力なプラグインが充実しているのが特徴の一つです。

SpeedTree、natFX

主要3DCGツールとしては上記3種類が定番ですが、この他にも色々あります。
その一つが「SpeedTree」や「natFX」などで、これらのソフトは樹木の作成に特化しているのが最大の特徴です。
LODモデルの作成機能など、ゲーム業界での使用に対応した機能を搭載しています。

特定の用途に特化しているだけに、導入している企業も限られると思うので、学生時代から無理に覚える必要はないでしょう。(導入している学校があるかどうかが不明ですが)
それよりもXSIやMayaを優先してください。



コーナーのTOPへ戻る