現在地   Topページ登山Top大崩山Top > 湧塚群2 上湧塚


HOME

Sight Map

登山TOP



スポンサーリンク


大崩山イメージ

大崩山・湧塚尾根コース中盤の難所&名所「湧塚群」へ その2

下湧塚・中湧塚を経て、いよいよ最後の上湧塚へ向かいます。
少し距離が離れており、急登や梯子場を含む難所を越えて進みます。
そろそろ疲れが溜まる頃ですが、まだまだ中盤戦。 頑張りましょう。

  • 最終更新日:2018年3月
  • あくまで私個人が趣味で収集したデータを公開している場です。
  • 情報は日々変化しており、内容の正確性の保証はしません。
  • 無断転載・改変盗用等は厳禁。 判明した場合は対処します。

中湧塚から上湧塚へ向かう際は、一旦下るのがポイント

中和久塚からは一旦下る。 登っては駄目。

*画像クリックで拡大。(撮影:2015年5月頃)

中湧塚を出発すると、程なくしてルートは下りに変わります。
が、うっかりしているとそのまま直進して岩の上に登ってしまう恐れが有ります。
テープに注意しつつ、間違って登っていかない様に注意してください。
迷い込んだ人の踏み後が続いており、うっかり進むと岩場にはまり込んで大変な事になります。

  • 中和久塚からは一旦下ります。 登り続けると変な場所に出るので注意!

使いづらいロープ。 使いづらいロープ。

*画像クリックで拡大。(撮影:2015年5月頃)

すぐに巨岩をトラバースする場所に差し掛かります。(写真右が進行方向。)
岩は丸く傾斜しており、側面は切れ落ちているので緊張する場面です。
あまり端には行きたくないですが、ロープの位置が微妙なので緊張しました。

このロープ、設置位置が低い上に、中間地点が固定されていないので緩くて不安定です。
個人的には大崩山で一番苦手なポイントかもしれません。


連続する梯子。 連続する梯子。
連続する梯子。 スラブのロープ場。

*画像クリックで拡大。(撮影:2015年5月頃)

息つく暇も無く梯子やロープが次々に登場します。
特にロープ場の巨岩は凹凸が全く無いので注意が必要です。
岩自体は意外に滑りにくいので、岩に対して体が直角になるように傾ければ安心です。


思案橋。 思案橋。
思案橋。 思案橋。

*画像クリックで拡大。(撮影:2015年8月・2017年4月頃)

大崩山の名所の一つ「思案橋」にやってきました。
かつては危険な丸太橋で、進むかどうか思案したのが名前の由来だそうですね。
現在では頑丈な鉄製の橋が架けられていますが、下は切れ落ちている上に結構揺れるので、あくまで慎重に渡りましょう。


直登コースと合流。 上湧塚への急登。

*画像クリックで拡大。(撮影:2015年5月頃)

思案橋を過ぎると、程なくして下湧塚手前からの直登ルートと合流します。
これらの分岐点も大半の地図には記載されていないので注意してください。

直登ルートを進んだ場合、下和久塚と中和久塚の絶景は見られませんが、体力や時間を大幅に節約する事が可能です。 エスケープルートとしても活用できそうですね。


このページのTopへ戻る


スポンサーリンク


上湧塚基部の広場から分岐し、基部を迂回して上湧塚の頂上へ

上湧塚直下の広場。 上湧塚直下の広場。

*画像クリックで拡大。(撮影:2015年5月頃)

分岐点から先の急登を乗り越えると、傾斜の緩やかな開けた場所に到着します。
ここは上湧塚の直下に位置し、季節によってはアケボノツツジが堪能できます。
食事休憩にもってこいの場所で、上湧塚にはここに荷物をデポして行きましょう。


上湧塚と直登ルート跡。 上湧塚と直登ルート跡。
復活した梯子。 復活した梯子。

*画像クリックで拡大。(撮影:2015年5月・2017年4月頃)

上湧塚を直下の広場から見上げた様子ですが、やはりここも巨大な岩の塊ですね。

上和久塚には直登ルートと迂回ルートが有り、一般的には迂回ルートを行きます。
直登ルートは危険な為か、以前はロープや梯子が撤去されていたのですが、2017年に来てみると何故か梯子が再設置されていました。
しかし、不安定な上に狭い岩の隙間をくぐる等、非常に危険なのでお勧めしません。

  • 直登ルートは危険すぎるのでオススメしません。 右へ回り込みましょう。

段差の大きい難所。 上湧塚。

*画像クリックで拡大。(撮影:2015年5月頃)

広場から見て上湧塚の基部を向かって右側に回り込む様にして進みます。
途中には通過が大変な大きな段差の岩場が有るので注意。
見上げると斜めに鎮座した巨岩が見えますが、今からこれをよじ登ります。


基部のトラバース。 基部のトラバース。

*画像クリックで拡大。(撮影:2015年5月頃)

ある程度進むと、またもや岩をトラバースする場所に出ました。
やはり側面は切れ落ちており、かつ足がかりに乏しいので緊張を強いられます。
行きは何でも無いのですが、個人的に戻る際が怖かったです。


上湧塚へのロープ。 上湧塚へのロープ。

*画像クリックで拡大。(撮影:2015年5月頃)

トラバースしたら、今度は急斜面のロープ場が出現します。
通常ロープは補助的に使う物ですが、ここはロープ無しでは登れないでしょう。


上湧塚。 上湧塚。
上湧塚への登り。 上湧塚への登り。

*画像クリックで拡大。(撮影:2015年5月頃)

別の場所から上湧塚へのルートを撮影した物です。
45度はあろうかと思われる急登を、ロープを使ってよじ登る訳です。
岩には凹凸がほとんどなく、ロープの途中に結び目が無いため、手足を滑らせない様に注意してください。


このページのTopへ戻る


七日廻り岩が見えるのは上湧塚からだけ! 苦労に見合う大展望

中湧塚と小積ダキ。 中湧塚と小積ダキ。

*画像クリックで拡大。(撮影:2017年4月頃)

いよいよ上湧塚の頂上までやってきました。
中湧塚や小積ダキなどが一望でき、苦労に見合う素晴らしい展望です。


中湧塚に人が。 中湧塚に人が。

*画像クリックで拡大。(撮影:2015年5月頃)

中湧塚には多くの登山者の姿が見えます。 外から見ると恐ろしい場所ですね。


リンドウの丘。 リンドウの丘。

*画像クリックで拡大。(撮影:2015年5月頃)

小積ダキの手前に見えるのは「リンドウの丘」と呼ばれる展望所です。
湧塚群が一望できる展望の素晴らしい場所で、昼食休憩に好適な場所です。


上湧塚からの展望。 上湧塚からの展望。
上湧塚からの展望。 上湧塚からの展望。

*画像クリックで拡大。(撮影:2015年5月頃)

上湧塚の周囲には手つかずの原生林が果てしなく広がっています。
豊かな自然に思わず感動してしまいました。


七日廻り岩。 七日廻り岩。
七日廻り岩。 七日廻り岩。

*画像クリックで拡大。(撮影:2015年5月頃)

原生林の中にひときわ目立つ巨岩。 これが名物「七日廻り岩」です。
人の顔の様に見える超巨大な岩で、切り立っている為、通常の手段では登る事はできません。
七日廻り岩の基部を通るルートも有りますが、全体像を見る事が出来るのは上湧塚からだけです。

  • 大崩山名物の七日廻り岩が見えるのは上湧塚の上からだけ!

直登ルート跡。 直登ルート跡。

*画像クリックで拡大。(撮影:2015年5月・2017年4月頃)

端の方へ行くと、かつて存在した直登ルートのロープ跡が残っていました。
撤去された理由は不明ですが、やはり危険だったからではないでしょうか。


スポンサーリンク


前のページへ戻る  次のページへ進む

大崩山TOPへ戻る

登山コーナーのTOPへ戻る



関連記事(一部広告を含む)

Page Top