現在地   Topページ車コーナーTop > ミュルーズ自動車博物館 7


スポンサーリンク


ミュルーズ博物館イメージ

ミュルーズ国立自動車博物館 画像集7(Mulhouse Museum 7)

フランスを中心としたヨーロッパでは、WRCやルマン24時間耐久レースなどモータースポーツが盛んです。
ここミュルーズ自動車博物館では、そんなモータースポーツに関する車両を見る事ができます。

  • あくまで私個人が趣味で収集したデータを公開している場です。
  • 情報は日々変化しており、内容の正確性の保証はしません。
  • 無断転載・改変盗用等は厳禁。 判明した場合は対処します。

内容だけでなく、展示方法もユニークなミュルーズ自動車博物館

ミュルーズ自動車博物館にはクラシックカーから最新車両に至まで多数の自動車が展示してあります。

もちろんモータースポーツ関連車両も充実しており、欧州のフランスという事もあって、ルマンやWRC関連の車両が充実しています。

モータースポーツ関連車両。 モータースポーツ関連車両。
モータースポーツ関連車両。 モータースポーツ関連車両。

*画像クリックで拡大。


このように、展示方法にもこだわっているのがミュルーズ自動車博物館の特徴です。
このモータースポーツ関連の展示エリアは、まるでサーキットかと見間違う様なリアルさでした。


スポンサーリンク


Peugeot205など、レトロな車両も目白押し。

車の歴史はモータースポーツの歴史と言っても過言ではないですが、ミュルーズ自動車博物館には相当古いモータースポーツ関連車両も展示してあります。

アルファロメオの車? レトロなモータースポーツ車両。

*画像クリックで拡大。


流線型のボディが美しい、ミッレミリアに似合いそうな車両ですね。
左の車は、まるで剣道のお面の様なフロントグリルですが、もしかしてアルファロメオの車でしょうか?


Peugeot205

ARZENS CABRIOLET 「LA BALEINE」_03 ARZENS CABRIOLET 「LA BALEINE」_04
Peugeot205 フェラーリのクラシックカー。

*画像クリックで拡大。


こちらはプジョー205(Peugeot205)です。
プジョーと言えばつり上がったヘッドライトがトレードマークですが、この頃の車両は極普通の四角いヘッドライトですね。
いつから今風のヘッドライトを採用し始めたのかを調べるのも面白いかもしれません。

右の車両はエンブレムからしてフェラーリの車両でしょうか。 車両名は不明ですが曲線が美しいですね。



このページのTopへ戻る


BUGATTI 「BIPLACE COURSE Type32」

こちらはブガッティーの「BIPLACE COURSE Type32」という車です。
自動車の歴史を振り返ってみても、ここまで強烈なデザインの車はそうそう無いと思います。
そんな車達に出会えるのがミュルーズ自動車博物館の魅力の一つという訳ですね。

PANHARD-LEVASSOR「COACH DYNAVIA」_01 PANHARD-LEVASSOR「COACH DYNAVIA」_02
PANHARD-LEVASSOR「COACH DYNAVIA」_01 PANHARD-LEVASSOR「COACH DYNAVIA」_02

*画像クリックで拡大。


ミュルーズ自動車博物館で見かけた車の中でも、特に強烈な衝撃を受けた車の一つがコレです。
無駄を一切省いたと言いますか、その固まり感の有るデザインは、競技車両と言うより、まるで装甲車の様な印象を受けます。

資料によれば最高速度は190kmとの事ですが、このデザインの車が190kmで疾走する姿を一度見てみたいものですね。


スポンサーリンク


次は「Ford RS200」「Renault 5 Turbo "Tour de Corse"」等の競技車両をご紹介します。

1  2  3  4  5  6  7  8  9

自動車コーナーTOP



関連記事(一部広告を含む)

Page Top