現在地   Topページ車コーナーTop > ミュルーズ自動車博物館 4


スポンサーリンク


ミュルーズ博物館イメージ

ミュルーズ国立自動車博物館 画像集4

ミュルーズ自動車博物館には多彩なクラシックカーが展示されています。
展示の仕方に工夫を凝らしてあるので、時代の変化と共に進化した車の様子を見る事ができます。

  • あくまで私個人が趣味で収集したデータを公開している場です。
  • 情報は日々変化しており、内容の正確性の保証はしません。
  • 無断転載・改変盗用等は厳禁。 判明した場合は対処します。

ミュルーズ国立自動車博物館は展示方法もユニーク。

ミュルーズ自動車博物館には多数の自動車が展示されていますが、その展示の仕方にも特徴があります。
基本的には種類毎に並べられているのですが、周囲の小物や背景の壁紙などに工夫を凝らしています。

クラシックカー1 クラシックカー2

*画像クリックで拡大。


このように、車によっては一段と目立つ「特等席」に展示してあります。
博物館内の車全てが貴重ですが、これら特等席に展示してある自動車は特に由緒ある車両なのでしょう。


ルパンが乗っていそうなクラシックカー1 ルパンが乗っていそうなクラシックカー2

*画像クリックで拡大。


なんだかルパン三世が運転していそうなクラシックカーですね。
左右の画像を見比べてみる限り、基本的な構造は同じのようなので、同一車種でしょうか?

助手席側のステップの上に置かれた工具箱の様な箱が気になりますが、よく考えてみたら、この時代の車にはトランクに相当する物が見あたりませんね。
シートの下に見える引き出しのような物がトランクなのかもしれません。

また、左の車の昇降口の両側にはランタンの様な物が付いています。
ヘッドライトは前部に付いているので、方向指示器か室内灯(オープンカーですが)なのかもしれません。


スポンサーリンク


徐々に近代化してくるクラシックカー。

Renault TORPEDO Type AX Renault Double Phaeton Type NC

*画像クリックで拡大。


クラシックカーだけでも相当数が展示されている訳ですが、その種類も色々あります。
順番に見ていくうちに、時代の流れに応じて段々と近代化している事に気がつきました。

例えば、左は「Renault TORPEDO Type AX」という車種ですが、フロントガラスとクラクションの様な物が装着されています。
フロントガラスは強度が低そうですし、なによりほぼ垂直に装着されているので空気抵抗が凄そうですが、それでも無いよりかはマシでしょう。

右の「Renault Double Phaeton Type NC」は豪華(?)な4人乗りですね。 現代の4ドアセダンの様な位置付けでしょうか。 やはりシートの下には工具箱の様な物が置いてあります。


Mercedes-Benz BIPLACE SPORT 720SSK まるで自転車のタイヤ

*画像クリックで拡大。


左の車は「Mercedes-Benz BIPLACE SPORT 720SSK」という車種で、1929年の車両です。
6シリンダーのエンジンを搭載し、最高速度は225km/hとなっているます。

右の車にはついに屋根が搭載されています。 これでゴーグルや傘が不要になったと思われます。
それにしても、この時代の車はエンジン形状の関係か、ボンネットが異常に長いですね。
正面から車庫入れをする際などに大変そう・・・


スポンサーリンク


次のページでは伝説の「2CV」や他の欧州車をご紹介します。

1  2  3  4  5  6  7  8  9

自動車コーナーTOP



関連記事(一部広告を含む)

Page Top