現在地   Topページ趣味と雑学Top > 廃線後の行縢駅 その1



TegeYoka.comのトップへ戻る

趣味と雑学のTOPへ戻る。




















高千穂鉄道イメージ

高千穂鉄道(TR)「行縢(むかばき)駅」とは?

高千穂鉄道(TR)「行縢(むかばき)駅」は始発駅の延岡駅から2個目にある駅です。
周囲には登山で人気の「行縢山」の他、市営の「延岡植物園」などが有ります。

国道218号線沿いに有り、車でのアクセスも容易です。


【所在地】 宮崎県延岡市高野町
【距離】 延岡駅から6.8km
【ホーム】 1面1線
【駅員(当時)】 無人駅
【周囲にある物】 国道218号線、北方延岡道路、延岡植物園、行縢山、他
【車でのアクセス】 可能 (可能=車で直接行ける。 不可=車では直接行けない。)
【徒歩でのアクセス】 容易 (容易=特に問題なし。 困難=徒歩でも大変。)



2007年8月における高千穂鉄道(TR)「行縢駅」付近の様子

行縢駅の様子。 行縢駅の待合所。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2007年8月頃)


「TR行縢駅(むかばき)」付近の様子です。

この付近で「行縢」と言えば「行縢山」が有名ですが、この行縢駅からは相当距離があり、徒歩での移動はかなり厳しいです。
800メートル以上もある本格的な山で、登山コースも有るので、是非チャレンジしてみてください。


行縢駅の様子1。 行縢駅の様子2。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2007年8月頃)


単線ホームですが、線路がもう一本設置できそうなスペースが有ります。
以前は何か有ったのかも知れません。


行縢駅の様子3。 行縢駅の様子4。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2007年8月頃)


樹木と芝生に覆われた、非常に幻想的な雰囲気の行縢駅。
付近の樹木は桜なので、春の風景はさぞかし美しい事でしょう。



このページのTopへ戻る


2011年1月における高千穂鉄道(TR)「行縢駅」付近の様子

行縢駅の様子。 寂れた看板。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2011年1月頃)


数年ぶりに行縢を訪れてみると、今もホームなどは健在でした。
古びた看板も健在です。


線路の跡に道が。 線路が切断されています。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2011年1月頃)


ホームの周囲を歩いてみると、線路が切断されて道が出来ていました。
また、踏切も撤去され、上からアスファルトが敷かれています。


踏切後に道路が。 踏切は撤去済み。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2011年1月頃)


遮断機の類は完全に撤去されているようです。


鉄橋は健在。 鉄橋の情報。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2011年1月頃)


鉄橋(?)は健在です。
側壁にあったプレートを見てみると、「大分鉄道管理局、昭和53年12月11日」と有ります。


寂れた線路。 線路脇の石碑?

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2011年1月頃)


高千穂方面を見た風景です。 この周囲はあまり雑草が生えていないことが分かります。
やはり誰かが手入れをしているのでしょう。



このページのTopへ戻る


2013年5月における高千穂鉄道(TR)「行縢駅」付近の様子

線路が撤去された行縢駅。 線路が撤去された行縢駅。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2013年5月頃)


二年ぶりに行縢駅へやってきました。
当時は健在だった線路やバラストが全て撤去されており、ホームや駅舎も見当たりません。
市内を中心に、線路の撤去作業が進んでいるようです。

踏切も撤去。 踏切も撤去。
踏切も撤去。 駅からやや延岡方面。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2013年5月頃)


行縢駅からやや延岡駅方面へ行った所にある踏切跡です。
遮断機や警報器は既に撤去されていますが、道路部分などは基本的にそのまま残っています。

他の箇所と同様、一年もすれば雑草に埋もれてしまいそうです。



このページのTopへ戻る


コーナーのTOPへ戻る