現在地   Topページ趣味と雑学Top > 廃線後の深角駅 その1



TegeYoka.comのトップへ戻る

趣味と雑学のTOPへ戻る。




















高千穂鉄道イメージ

高千穂鉄道(TR)「深角(ふかすみ)駅」とは?

高千穂鉄道(TR)「深角(ふかすみ)駅」は始発駅の延岡駅から16個目にある駅です。
周囲は山間部で、これといった施設は有りません。

国道218号線と県道237号線からのアクセスルートがありますが、行くなら国道218号線からをオススメします。


【所在地】 宮崎県西臼杵郡日之影町大字七折字西深角
【距離】 延岡駅から44.0km
【ホーム】  1面1線
【駅員(当時)】 無人駅
【周囲にある物】 国道218号線、県道237号線、五ヶ瀬川、民家、他
【車でのアクセス】 可能 (可能=車で直接行ける。 不可=車では直接行けない。)
【徒歩でのアクセス】 可能 (容易=特に問題なし。 困難=徒歩でも大変。)



2011年1月における高千穂鉄道(TR)「深角(ふかすみ)駅」付近の様子

県道237号線付近。 県道237号線付近。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2011年1月頃)


影待駅の数キロ先にある深角駅。
やはり国道218号線と県道237号線の二箇所からアプローチできますが、今回は県道237号線から行ってみましょう。

周囲はご覧の通り山ばかりで他には何もありません。
左の写真の右上に少し写っているのが国道218号線です。


落石注意。 五ヶ瀬川。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2011年1月頃)


この辺も落石多発地帯なので注意してください。
道路の横を流れるのは五ヶ瀬川ですが、かなり上流とあって、川幅も狭くなっています。


下からのルート。 看板の跡?

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2011年1月頃)


地図やカーナビで当たりを付け、ここが登り口だと断定しました。
道路脇には何かが立っていた跡がありますが、駅入り口の案内板でしょうか?


かなり急な坂道。 意外と草がないです。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2011年1月頃)


見上げるとかなりの急斜面ですが、手すり付きの歩道が整備されているのが分かります。


謎のオブジェ。 謎のオブジェ。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2011年1月頃)


通路を上っていくと、やはりここにも謎のオブジェが設置されていました。
しかも一個や二個ではなく、相当数が置かれています。 本当に何でしょうか?


横には滝が。 普通に歩けます。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2011年1月頃)


通路の横には滝が流れています。
また、草はほとんど生えておらず、傾斜を除けばとても歩きやすいです。
やはり「来訪者」が頻繁に来ているのでしょうか?


転落注意。 上空に鉄橋を発見。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2011年1月頃)


ある程度登った所で振り返ると、遥か下には先ほどの道路(県道237号線)が見えます。
万が一滑り落ちたら洒落にならないので、くれぐれもご注意を。


前方上空には高千穂鉄道の高架橋が有ります。
やはり道はこれで合っているようです。


竹藪。 足下注意。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2011年1月頃)


斜面を登り終わると、今度はうっそうと茂る平坦な道になります。
傾斜がほとんど無いのは良いのですが、草やツタが多くなり、段々歩きにくくなってきます。

右の写真のように、所々地面が崩れているので気をつけてください。
自然に崩れたのか、誰かが乗った重みで崩れたのかは不明です。


鉄橋の真下。 鉄橋の真下。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2011年1月頃)


鉄橋のほぼ真下にやってきました。
見た感じ健在のようですが、これもそのうち撤去されるのでしょうか。


倒木が有ります。 塗料の缶。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2011年1月頃)


草や倒木が増え、ますます歩きにくくなってきました。
足下には樹脂塗料の缶が落ちています。 誰が何に使ったのでしょうか?


だいぶ奥に来ました。 ブロックの壁。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2011年1月頃)


このうっそうとした茂み、なんだかプレデターでも出てきそうな雰囲気です。

右の方にはこけむした石の壁が有りました。
地面も舗装されていましたし、結構整備された通路ですね。


吊り橋を発見。 とても渡れません。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2011年1月頃)


さらに進むと、いよいよ道が分からなくなってきました。
あきらめて引き返そうとしたその時、ふと左手の方に吊り橋があるのを発見しました。

おそらくここから沢を渡って駅の方へ行くはずなのですが、吊り橋は草に埋もれていますし、対岸の様子も全く分かりません。


ここを渡るのか? 多数の倒木。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2011年1月頃)


吊り橋の周囲には不自然なほどに多くの倒木が有ります。
よく見えませんが、このうちの何本かが吊り橋に当たって破損してしまっているのかも知れません。

このままでは進めないため、残念ながら今回は引き返すことにしました。
おそらくここが駅へのルートだと思うのですが、出直しです。


ところで、このルートを含め、影待・深角に行ってみようと思う人にアドバイスが有ります。
ご覧の通り、非常に険しいルートなので、それなりの準備や心構えが必要です。

こんな所でしょうか。
マナーや安全に留意して「秘境巡り」を楽しみましょう。



このページのTopへ戻る


コーナーのTOPへ戻る