現在地   Topページ趣味と雑学Top > 廃線後の第4五ヶ瀬川橋梁 その1



TegeYoka.comのトップへ戻る

趣味と雑学のTOPへ戻る。




















高千穂鉄道イメージ

高千穂鉄道(TR)「第四五ヶ瀬川橋梁」とは?

高千穂鉄道(TR)「第4五ヶ瀬川橋梁」はTR日之影温泉駅から数キロ程下流にある橋梁です。
日之影温泉駅と周囲の線路は台風で被害を受けましたが、この橋梁は無事でした。


【所在地】 宮崎県西臼杵郡日之影町大字七折
【周囲にある物】 TR日之影温泉駅、県道237号線、国道218号線、他
【車でのアクセス】 可能 (可能=車で直接行ける。 不可=車では直接行けない。)
【徒歩でのアクセス】 容易 (容易=特に問題なし。 困難=徒歩でも大変。)



2013年1月における高千穂鉄道(TR)「第四五ヶ瀬川橋梁」付近の様子

第4五ヶ瀬川橋梁 第4五ヶ瀬川橋梁

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2013年1月頃)


「第4五ヶ瀬川橋梁」付近の様子です。

TR日之影温泉駅から延岡方面へ数キロ程下った所にあります。
付近には旭化成が管理している水力発電所などが有ります。


第4五ヶ瀬川橋梁 第4五ヶ瀬川橋梁

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2013年1月頃)


トラス橋とガーター橋の組み合わせである「第4五ヶ瀬川橋梁」。
橋脚や橋桁は健在ですが、線路は既に撤去されています。


第4五ヶ瀬川橋梁 第4五ヶ瀬川橋梁

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2013年1月頃)


鉄橋の両端はフェンスで封鎖されており、陸地部分は草で覆われています。


第4五ヶ瀬川橋梁 第4五ヶ瀬川橋梁
第4五ヶ瀬川橋梁 第4五ヶ瀬川橋梁
第4五ヶ瀬川橋梁 第4五ヶ瀬川橋梁
第4五ヶ瀬川橋梁 第4五ヶ瀬川橋梁

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2013年1月頃)


近くで見ると鉄板はかなり朽ちており、歴史を感じさせます。
距離が遠く、塗装も剥げているので橋桁の情報は読み取れませんでしたが、恐らく数十年前に塗装されたと思われます。


第4五ヶ瀬川橋梁 第4五ヶ瀬川橋梁
第4五ヶ瀬川橋梁 第4五ヶ瀬川橋梁

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2013年1月頃)


反対側の様子です。 ここから少し上流に行くと日之影温泉駅があります。
現在も施設は健在で、温泉・食事・宿泊などが楽しめます。



このページのTopへ戻る



2013年5月における高千穂鉄道(TR)「第四五ヶ瀬川橋梁」付近の様子

第4五ヶ瀬川橋梁 第4五ヶ瀬川橋梁
第4五ヶ瀬川橋梁 第4五ヶ瀬川橋梁

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2013年5月頃)


正月休みぶりにやってきた「第4五ヶ瀬川橋梁」。
噂では橋桁の撤去作業が始まったらしく、確認も兼ねて見に来ました。

見た感じ大部分が残されており、現時点では撤去作業は行われていないようです。
どうやら一部分だけが撤去されたようです。


撤去された橋桁 撤去された橋桁
撤去された橋桁 撤去された橋桁

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2013年5月頃)


撤去されているのはガーター橋の一部だけでした。
予算やスケジュールの関係で撤去作業を中断しているのか、それとも意図的にこの部分だけ撤去したのかは不明です。


撤去された橋桁 撤去された橋桁

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2013年5月頃)


上流方向の様子です。 橋桁を留めていた器具と、進入禁止用のフェンスが残っています。


転落した設備 転落した設備

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2013年5月頃)


橋梁の周辺には階段などが散乱していました。 台風の増水時に流されてしまったのでしょうか?


沈黙した信号機 沈黙した信号機

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2013年5月頃)


橋梁の少し上流には信号機が残されていました。
一見すると四灯の様に見えますが、よく見たら上から二個目が無いですね。

このページのTopへ戻る



本格的な撤去が始まった「第四五ヶ瀬川橋梁」の様子

橋梁撤去の案内。 橋梁撤去の案内。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年5月頃)

以前は一部だけ撤去されていた第四五ヶ瀬川橋梁ですが、いよいよ本格的な撤去作業が始まりました。
報道によると、高千穂鉄道関連の撤去作業は平成32年度まで予定が決まっており、それに従って順次撤去していく様です。

撤去計画の詳細は省きますが、最近の例だと、ここの他に「長谷川橋梁」などが撤去されています。
鉄道公園化が検討されている高千穂駅~天岩戸駅間に関しては、現時点では未定の様です。


撤去中の第4五ヶ瀬川橋梁 撤去中の第4五ヶ瀬川
撤去中の第4五ヶ瀬川 撤去中の第4五ヶ瀬川

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年5月頃)

大きな橋梁の撤去作業なので、川に作業用の橋を設置しての大がかりな作業です。
既に橋脚・橋桁は撤去が終わっており、現在はどうやら橋脚の基礎部分を撤去している様ですね。


撤去中の第4五ヶ瀬川 撤去中の第4五ヶ瀬川
撤去中の第4五ヶ瀬川 撤去中の第4五ヶ瀬川

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年5月頃)

撤去現場を見学していて気になったことが一つ。
撤去された橋脚の基礎部分とは別に、最近設置されたであろうコンクリート製の物体が何個か有りました。
工事用に臨時に設置した橋脚的な物でしょうか?



このページのTopへ戻る


コーナーのTOPへ戻る