現在地   Topページ趣味と雑学Top > 廃線後の西延岡駅 その1



TegeYoka.comのトップへ戻る

趣味と雑学のTOPへ戻る。




















高千穂鉄道イメージ

高千穂鉄道(TR)「西延岡(にしのべおか)駅」とは?

高千穂鉄道(TR)「西延岡(にしのべおか)駅」は始発駅である延岡駅の次にある駅です。
その為、周囲は比較的市街地で、住宅街や大型ショッピングセンターが有ります。

国道218号線から少し入った場所にあり、車でのアクセスも容易です。


【所在地】 宮崎県延岡市松山町177番地
【距離】 延岡駅から4.1km
【ホーム】 1面1線
【駅員(当時)】 無人駅
【周囲にある物】 国道218号線、五ヶ瀬川、東九州自動車道延岡JCT、延陵自動車学校、他
【車でのアクセス】 可能 (可能=車で直接行ける。 不可=車では直接行けない。)
【徒歩でのアクセス】 容易 (容易=特に問題なし。 困難=徒歩でも大変。)



比較的原形をとどめる高千穂鉄道(TR)「西延岡駅」付近の様子

西延岡駅付近ののどかな風景。 田園風景の中の駅。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2007年8月頃)


「TR西延岡駅」は延岡市の中心部から少し外れた位置に有ります。
五ヶ瀬川と国道218号線に近く、田園風景が美しい場所です。

*写真撮影時期:2007年8月中旬頃


棒が撤去された遮断機。 遮断機の様子2。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2007年8月頃)


警報機は残されていましたが、遮断機の棒は撤去されていました。
まるで牙を抜かれた様な、何とも言えない寂しさが有ります。


西延岡駅のホーム1。 西延岡駅のホーム2。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2007年8月頃)


TR西延岡駅のホームの様子です。
まだ廃止から間もないので、手入れをされているのか、ホームは綺麗な状態に保たれています。

ところで、ホーム付近の線路だけ雑草が生えていません。 遠くは雑草に埋もれています。
やはり手入れが行き届いているのでしょうか?



このページのTopへ戻る


2011年初頭における高千穂鉄道(TR)「西延岡駅」付近の様子

西延岡駅のホーム。 ホームの案内板。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2011年1月頃)


2011年の正月休みに再び西延岡駅を訪ねてみました。
ホームや案内板などは健在で、当時の様子を比較的良く保っています。
付近の住民が手入れをしているのでしょうか?


古びた電柱。 雑草がないホーム付近。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2011年1月頃)


ホーム脇の電柱に貼ってあるプレートには「昭和55年」と書いてあります。
かなり年季の入った電柱ですね。

線路を見てみると、ホームとその周囲には草が生えておらず、やはり手入れされているのかも知れません。


PC枕木。 接続部は木製。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2011年1月頃)


ホーム付近の線路をよく見てみると、枕木が木製ではなく、コンクリート製のPC枕木になっています。
同行した「鉄」に詳しい知人によると、「高千穂線を造った際の何らかの検証用に、このエリアだけPC枕木にしたのではないか」、という推測でした。

ちなみに、線路の接合部だけは木製の枕木ですが、これはそういうルールなのでしょうか?


踏切跡。 線路が有りません。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2011年1月頃)


付近の踏切跡の様子です。

数年前は原形をとどめていた踏切も、現在では完全に埋め立てられて道路になっていました。
線路が切断されている様子が分かります。


撤去された鉄橋。 橋桁の残骸。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2011年1月頃)


駅付近の鉄橋跡の様子です。

鉄橋は完全に撤去され、堤防が新調されています。
使用されていた橋桁は線路の上に置かれていました。



このページのTopへ戻る


コーナーのTOPへ戻る