現在地   Topページ趣味と雑学Top > 高千穂鉄道(TR)と台風14号 その1



TegeYoka.comのトップへ戻る

趣味と雑学のTOPへ戻る。




















高千穂鉄道イメージ

高千穂鉄道(TR)の被害1 「延岡~中流域」編

宮崎県延岡市にある延岡駅を始発駅とする高千穂鉄道(TR)。
JR時代から通勤通学や観光の足として長らく親しまれてきました。

山間部を走る鉄道なので、時折悪天候などの被害が有りましたが、2005年(平成17年)に上陸した台風14号にて壊滅的な被害を受け、ついに廃線に追い込まれてしまったのです。


ここでは、「延岡市付近から中流域」までの被災時の様子をご紹介します。



完全に破壊された川水流駅付近の吊り橋。

破壊された吊り橋。1 破壊された吊り橋。2

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


これは延岡市内から車で30分程の場所にある歩行者用の吊り橋です。
おそらく北方町・川水流駅の近くですね。

五ヶ瀬川が大きくカーブした見晴らしの良い場所に有り、川岸には公園も整備された絶好のロケーションだったのですが、台風14号の影響で川が増水し,完全に破壊されました。


破壊された吊り橋。3 破壊された吊り橋。4
破壊された吊り橋。5 破壊された吊り橋。6

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


床板や手すりが完全に崩落し、骨組みが露出した姿は無残としか表現できません。

まるで爆撃を受けたかのように破壊されています。
自然の猛威が如何に恐ろしく、そして我々がいかに無緑かを思い知らされます。


吊り橋の手すりや道幅から、大体の大きさが分かると思います。
それを考慮すると、増水時は軽く5メーター以上は水かさが増えていたはずです。

普段の穏やかな様子しか知らない私には、これほどまで増水した事が未だに信じられません。



このページのTopへ戻る

第一五ヶ瀬川橋梁の被害状況

こちらも先ほどの北方町・川水流駅付近の様子です。

この付近は五ヶ瀬川が急カーブしており、近くに車用及び高千穂鉄道用の橋梁が有ります。


堤防の上まで浸水。 歩道橋の上まで浸水。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


これは堤防の上を走っている道路を跨いでいる歩道橋です。
こちらも台風の増水で被害を受けました。


歩道は濁流によって完全にえぐられ、アスファルトの下の地面が露出しています。

歩道橋の中断辺りまで水没していた事が分かります。
この付近は水面から少なくとも5メートル、おそらく10メートル近く高い場所だと思うのですが、それでも水没した様ですね。


崩落した橋梁。1 崩落した橋梁。2

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


この付近には高千穂鉄道の「第1五ヶ瀬川橋りょう」があったはずですが、何やら様子が変です。
更に近くまで行っていましょう。


近くまで来て,絶句。
なんと、橋桁が全て流されていました。


崩落した橋梁。3 崩落した橋梁。4

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


あんなに水面から高い場所にあったはずなのに、消えて無くなっています。
簡単には流されないはずの,重くて強固な橋桁が、跡形もなく消え去っています。

空高くそびえ立った橋脚の上には橋桁の姿はなく、増水時に絡みついたと思われるゴミなどが付着していました。


倒壊した橋桁。1 倒壊した橋桁。2

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


近くまで行ってみると、橋脚のいくつかは倒壊している事が判明しました。
しかも、崩れたと言うよりは、切れ目に沿ってポッキリと折れたといった感じです。

あまりにも綺麗な断面図ですが、色々疑問が浮かびます。
水圧で倒壊したはずなのに、なぜ真横に切断された様に途中から倒壊しているのでしょうか?


数百ミリも装甲厚がある戦車などを解体する時は、極端な水圧の水を当てて切断する、という様な話を聞いたことがあります。
この橋脚の断面図も、濁流というよりは人工的な力が作用したような印象を受けます。

水が引いた後に、倒壊の恐れがある橋脚を意図的に破壊したのかもしれませんが、倒壊したパーツが砂に埋もれかけているので、やはり濁流の力で倒壊したのでしょうか?


生き残ったコンクリートの橋桁。 崩落した鉄製の橋桁。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


川の向こう側にある橋脚の上には橋桁が残っていました。
増水時にはあの辺も水没したと思われますが、川岸から向こうは無事なようです。

そして川岸には崩落した橋桁の一部が散乱していました。
こちらは鉄製の橋桁で、ちょうど水面の上に位置して居ていたものですね。


これらの事を考えると、コンクリート製の橋桁は生き残り、鉄製の橋桁は流されてしまった様です。
材質の違いなのか、それが設置されていた場所に原因があるのかは不明です。


しがみついたレール。 流されかけても壊れないレール。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


橋脚や橋桁が倒壊したことにより、その上を走っていたレールも無残に流されていました。

よくみると、レール自体は分断されることもなく、また、付随していた枕木も多くが生き残っています。
橋桁が流され、濁流の水圧に去れされながらも耐え抜いたと言えるのでしょうか。


高千穂鉄道沿線_3 高千穂鉄道沿線_4
高千穂鉄道沿線_3 高千穂鉄道沿線_4

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


橋桁の上から流されたレールは、水圧でグニャグニャになりながらも、川底を伝って向こう岸の橋桁まで繋がっていました。 何という強度なのでしょうか!



このページのTopへ戻る


コーナーのTOPへ戻る