現在地   Topページ趣味と雑学Top20XX年銚子の旅 > 銚子駅の紹介



TegeYoka.comのトップへ戻る

趣味と雑学のTOPへ戻る。




















高千穂鉄道イメージ

直通の特急で日帰りも容易な銚子への旅

千葉県は非常に長い海岸線を持つ県で、銚子も海に接した場所の一つです。
地図を見ると分かりますが、銚子は千葉県の中ではもちろん、関東エリアで見ても最東端の場所にあります。

一見かなり遠そうですが、東京駅から直通の特急を使えば二時間以内で到着します。
もちろん快速電車などを乗り継いでいってもOKで、その際は費用をかなり抑えることが可能です。


ここでは、銚子までの移動の過程と、銚子駅の様子をご紹介します。





都内~銚子駅周辺

銚子行きの特急は東京駅と新宿駅(中央線・秋葉原駅経由)から発着しています。
総武線の錦糸町駅・千葉駅等を経由し、そこから総武本線にて銚子に至ります。

のどかな風景。 ここにも「日向」が。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

千葉駅を出発してしばらく経つと、周囲は田畑や森など、実にのどかな風景になりました。
高層ビルやモノレールなどが林立する千葉駅周辺とは全く事なり、同じ県とは思えないほどの変わりようです。


成東駅を通過する際に案内板を見ると、隣接する駅に「日向」とあります。
地元宮崎にも日向駅はありますが、こんな所にも同名の駅があったのですね。


特急しおさいの車内1。 特急しおさいの車内2。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

こちらは特急「しおさい」の車内の様子です。
広々としたシート、使いやすい荷物置き場など、近代的で快適な車両でした。


かなり早い時間帯の列車を利用しているため、まだ車内にはあまり人がいません。
しかし、日中、それも祝祭日ともなるとかなり混雑します。
可能であれば指定席を押さえておくことをオススメします。


間もなく終点。 銚子電鉄の駅。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

銚子には風力発電のための風車が有ることでも知られています。
見にくいですが、写真(左側)の右端の方に数基の風車が写っています。


右は銚子駅の構内の様子です。
中央屋や右寄りに見えるのは銚子電鉄の改札口です。 こちらは別のページで詳しくご紹介します。


海豚の模型。 銚子駅前。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

プラットホームの脇に設置されていた看板です。
「イルカに遭える町」とありますが、どこで遭えるのでしょうか?


右は駅周辺の様子です。
バス停などがあり、大通り沿いには飲食店などもあるので、銚子を観光する際の拠点と言えるでしょう。



このページのTopへ戻る

銚子駅で見かけた車両(JR東日本編)

255系特急しおさい。 257系特急しおさい。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

左は私が乗ってきた特急電車で、「255系しおさい」という車両のようです。
実に9両もの長大な編成で、内外共に近代的な車両です。


右は「257系しおさい」というらしく、こちらも「しおさい」です。
側面部はソックリですが、正面のデザインは全く別物で、貫通扉などがあります。

・・・この車両を見た時、ダイハツの「MAX」を思い出したのは私だけでしょうか?


415系1500番台。 115系。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

左は「415系1500番台」という車両のようです。

この車両がなんなのかを「この方面に詳しい知人」に訪ねたところ「一口に415系と言っても色々有る」との事で、Wikipediaで見てみると、確かに色々有りました。
例えば田舎でよく見かけるのは「0番台」のようですね。


やはり「この方面に詳しい知人」によれば、右の車両は「115系」という車両らしいです。

そう言えば、数年前までは総武横須賀線の主力車両だった気がします。
現在ではすっかり見かけなくなりましたが、ここで頑張っていたのですね。



このページのTopへ戻る


コーナーのTOPへ戻る