現在地   Topページ趣味と雑学Top登山・行縢山TOP > 南尾根経由で雌岳へ行く



TegeYoka.comのトップへ戻る

登山のTOPへ戻る。

















行縢山イメージ

南尾根ルートの特徴



行縢山には雄岳・雌岳の二つの頂上があります。
今回ご紹介する雌岳は標高809mと、829mの雄岳より若干低く、頂上はほとんど展望がありません。
また、雌岳へ繋がる南尾根ルートは勾配や岩場が多く、雄岳ルートよりも難易度が高めになっています。
このため、大半の人はメインルート経由で雄岳へ登っている様です。

しかし、難易度が高め故に手応えのあるルートであり、何より途中に行縢の滝を見下ろせる絶景地があります。
行縢山好きならば一度は登っておくべきルートです。

南尾根経由ルート。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

今回紹介する南尾根コースは、上記画像のオレンジ色で表示された部分に当たります。
一見距離が短い様に見えますが、きつめの勾配や岩場が多く、難易度的には高めです。

もちろんザイル等は不要で気軽に登れるルートですが、地形状況やルートの分かりやすさなどを総合的に比較すると、雄岳へのメインルートよりは確実に高難易度と言えます。
途中には露岩なども有るので、雄岳登頂で苦労している人は避けた方が無難かもしれません。



このページのTopへ戻る





行縢の滝の上に有る分岐点から南尾根ルートへ

南尾根への分岐点。 南尾根への分岐点。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2013年8月・2014年4月頃)

行縢の滝への分岐点を過ぎて10分ほどで、今度は南尾根を経由した雌岳ルートへの分岐点が現れます。
もっとも、分岐の案内板はあまり大きくないので、注意していないと見落とすかもしれません。



このページのTopへ戻る



分岐直後は比較的穏やかな道

序盤は比較的緩やかな地形。 序盤は比較的緩やかな地形。
序盤は比較的緩やかな地形。 序盤は比較的緩やかな地形。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年1月頃)

分岐点からしばらくは比較的穏やかな道で、踏み跡もしっかりしており迷うことはありません。



このページのTopへ戻る


各所にある目印のテープとロープ

目印のテープ。 目印のテープ。
目印のテープ。 目印のテープ。
目印のテープ。 目印のテープ。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年1月頃)

雌岳ルートは判然としない箇所が多いため、各所に目印のテープが貼ってあります。
赤や黄色など何種類か有りますが、古い物と新しい物が混在しているため、どうやら不定期に更新されているようです。


補助ロープ。 補助ロープ。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年1月頃)

テープだけでは無くロープも設置してあります。
斜面を通る祭の補助目的の物もあれば、封鎖された道を塞ぐためのロープも有る様です。
このルートは通行止めの道が何カ所か有りましたので、通るべき道を間違えないように注意してください。


石垣を発見。 石垣を発見。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年1月頃)

途中でちょっとした石垣を発見しました。
単なる石垣なのか、雄岳ルートに有ったように石窯の跡なのかは不明です。


かなり荒れた地形。 かなり荒れた地形。
かなり荒れた地形。 かなり荒れた地形。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年1月頃)

雌岳ルートは雄岳ルートと比べると明らかに道が荒れており、倒木や崩壊地も珍しくありません。
倒木は定期的にチェーンソーなどで処理されているようですね。



このページのTopへ戻る



最初の滝展望地点

最初の展望ポイント。 最初の展望ポイント。
最初の展望ポイント。 最初の展望ポイント。
春から夏は視界不良。 春から夏は視界不良。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年1月・4月頃)

分岐点から30分足らずで最初の展望ポイントに到着します。
ここからも行縢の滝を展望できますが、もう一箇所の展望ポイントよりは位置的にやや低いです。

また、春先から夏場にかけては樹木が生い茂るため、葉に隠れて展望は期待できません。
下の二枚は4月下旬に撮影した物ですが、既に滝はほとんど見えなくなっていました。

なお、GPSによると、この展望所の座標は以下の通りです。
このデータには誤差が含まれ、確実さを保証する物ではありません。

緯度:N 32d 37m 37.02s
経度:E 131d 34m 56.71s
標高:470m

 

ますます荒くなる登山路。 ますます荒くなる登山路。
ますます荒くなる登山路。 ますます荒くなる登山路。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年1月頃)

最初の展望ポイントを過ぎると、道はますます荒れてきました。
途中で道を見失う事が何度かありましたが、何とか復帰できました。
おかしいと感じたら立ち止まり、場合によっては引き返しましょう。
正規ルートには踏み跡やテープがありますので、慎重に確認すれば大丈夫です。


滑りやすい斜面。 滑りやすい斜面。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年1月頃)

雌岳への南尾根ルートは、単に道が荒れているだけでは無く、急斜面も何カ所かあります。
落ち葉や砂により滑りやすくなっているので、ロープや枝をしっかりと握って慎重に登りましょう。



このページのTopへ戻る



661mピークを過ぎて逆方向へ折り返し

661mピーク。 661mピーク。
661mピーク。 雄岳頂上が見える。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年1月頃)

分岐点からおおむね30分で標高661mのピークに到着しました。
少し展望が開けており、雄岳山頂らしき物が見えます。
この様に、南尾根ルートは展望が得られる箇所が複数有って飽きさせません。

なお、GPSによると、661mピークの座標は以下の通りです。
このデータには誤差が含まれ、確実さを保証する物ではありません。

緯度:N 32d 37m 34.33s
経度:E 131d 34m 50.96s
標高:661m

 

ピークを折り返す。 ピークを折り返す。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年1月頃)

661mピークを過ぎると、今度は逆方向に折り返すような形で登り始めます。
厳密にはここから先が南尾根に該当するようですが、尾根なので日当たりが良くなってきました。

雄岳へのメインルートに比べると道の状況が悪い南尾根ルートですが、661mピークを過ぎると岩場や急斜面は少なくなり、幾分かは登りやすくなります。



このページのTopへ戻る


行縢の滝を見下ろす圧巻の絶景ポイント

二箇所目の展望ポイント。 二箇所目の展望ポイント。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年1月頃)

661mピークを過ぎて10分程度で二箇所目の展望ポイントに到着しました。
さっきより雄岳山頂が近く(低く)に見えます。


圧巻の風景。 圧巻の風景。
圧巻の風景。 圧巻の風景。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年1月頃)

広大な樹海と切り立った崖、そして流れ落ちる行縢の滝。 絶景としか表現のしようがありません。
吹き上げてくる風が大変気持ちよく、しばらく景色を堪能してしまいました。
雄岳ルートは頂上からの眺めが素晴らしいですが、雌岳ルートはここが最大の見所ですね。

なお、GPSによると、この展望所の座標は以下の通りです。
このデータには誤差が含まれ、確実さを保証する物ではありません。

緯度:N 32d 37m 35.47s
経度:E 131d 34m 54.40s
標高:667m

 

水量が増した行縢の滝。 水量が増した行縢の滝。
水量が増した行縢の滝。 水量が増した行縢の滝。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年4月頃)

2014年の連休中に撮影した物です。
大雨の直後なので水量が多く、流れ落ちる音がここまで聞こえてくる程勢いがありました。



このページのTopへ戻る



南尾根の最難関(?)である露岩

要注意の露岩。 要注意の露岩。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年1月頃)

南尾根ルートを下調べした際に一番気になったのが、この露岩です。
このルートの中で最も注意すべき場所として認識していましたが、ついに出現しました。

なお、GPSによると、この露岩の座標は以下の通りです。
このデータには誤差が含まれ、確実さを保証する物ではありません。

緯度:N 32d 37m 36.74s
経度:E 131d 35m 1.15s
標高:723m

 

要注意の露岩。 要注意の露岩。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年1月頃)

この露岩の左右は切れ落ちており、さらにその下は断崖絶壁の様です。
落ちたら結構まずい事になりそうなので、慎重に通りましょう。


延岡市街が見える。 延岡市街が見える。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年1月頃)

露岩の上は展望が開けており、延岡市の市街地が見渡せます。
やはり展望ポイントが多い南尾根ルートは飽きませんね。


要注意の露岩。 要注意の露岩。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年1月頃)

露岩の上は十分な幅があり、形状も比較的なだらかなので、普通に通る分には問題有りません。
ただし、展望が開けた場所にある露岩なので、雨天・積雪・強風時には最大限の注意を払ってください。
場合によっては引き返す勇気も必要でしょう。

なお、岩の向こう側には補助ロープが張ってあるのですが、これが足下の絶妙な位置に有るので、引っかけて転けないように注意してください。


逆側から見た露岩。 逆側から見た露岩。
要注意の露岩。 要注意の露岩。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年1月・4月頃)

こちらは露岩の反対側の様子です。 県民の森・雌岳方面から来る場合はこちらから岩に登ります。
上の二枚は1月に、下の二枚は4月に撮影した物ですが、4月の方は草木が生い茂って邪魔になりつつある点に注意してください。 夏頃にはさらに生い茂ると思われます。

この露岩に関して個人的に注意すべきだと思うのは、この雌岳方向から来た場合です。
こちら側から来ると二段の大きな段差を乗り越える必要があるのですが、一つ目はともかく二つ目は段差が比較的大きく、身長170程度の私でも片足で乗り越える事はできません。
参考までに500mlのペットボトルを置いてみたので目安にしてください。

右下の写真にある様に、露岩の左端の傾斜を使えばそのまま乗り越えられそうですが、直ぐ左側は断崖絶壁なので、万が一バランスを崩したら大変です。
例え面倒でも両手を段差の上に置いてから「よっこらせ」という感じで慎重に乗り越えるべきでしょう。
右側にあるロープを利用する方法も考えられますが、利用する際は強度を確かめてください。

子供や小柄な人には少々難易度が高い場所かも知れません。
この露岩を含め、南尾根ルートは反対側(主要ルートからの分岐)から来た方が歩きやすいと思います。


次のピークを目指す。 次のピークを目指す。
次のピークを目指す。 次のピークを目指す。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年1月頃)

露岩を過ぎれば特に注意するような箇所はありません。
いくつかの小ピークを上り下りしながら雌岳を目指します。



このページのTopへ戻る



県民の森への分岐点を経由して雌岳山頂へ

県民の森への分岐点。 雌岳への分岐点。
雌岳への分岐点。 雌岳への道。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年1月・4月頃)

分岐から1時間10分ほどで頂上への分岐点に到着しました。
向かって左側に行けば県民の森・峠・東尾根方面で、右に進めば雌岳山頂です。

なお、この分岐点には「県民の森」や「雌岳頂上」への案内板はありますが、今通ってきた南尾根ルートへの案内板はありません。
なので、県民の森方面から来た人は、南尾根ルートに気が付かない可能性が有ります。
踏み跡を見ればルートが有ることは分かると思いますが、一応注意してください。

分岐点から10分程度で雌岳頂上へ行けます。
途中は杉林になっているのですが、割と自由に歩けるので、頂上からの帰路で道を見失いそうになりました。
慎重に歩けば問題有りません。


雌岳頂上の様子。 雌岳頂上の様子。
雌岳頂上の様子。 雌岳頂上の様子。
雌岳頂上の様子。 雌岳頂上の様子。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年1月頃)

分岐点から10分弱で雌岳頂上に到着しました。
雄岳頂上と違って開けた場所ではありませんが、冬だからか結構空が見えます。

頂上一帯はなだらかな地形であり、結構スペースが有るので多人数で来ても問題無いと思われます。


唯一の展望所。 唯一の展望所。
唯一の展望所。 唯一の展望所。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年1月頃)

樹木に覆われている雌岳頂上ですが、奥に進むと一箇所だけ展望が開けている場所があります。
地図を持ってきて周囲の山々を調べるのも良いですね。



このページのTopへ戻る


コーナーのTOPへ戻る