現在地   Topページ登山Top霧島連山 > 霧島連山の最高峰・韓国岳 1



TegeYoka.comのトップへ戻る

登山のTOPへ戻る。

















霧島連山イメージ

「韓国岳(からくにだけ)」とは?

複数の山で構成される霧島連山の最高峰が「韓国岳(からくにだけ・1700m)」です。
韓国岳も火山の一つで、最も最近の噴火はおよそ17000年程前と言われています。

中腹以上は大きく展望が開けており、頂上からの全周遮る物が無い大展望は見事。
春は花が咲き乱れ、冬は冠雪するなど、一年を通じて楽しめる名峰と言えるでしょう。







比較的短時間で絶景が楽しめる韓国岳の頂上へ

韓国岳登山口の一つ。 韓国岳登山口の一つ。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2016年4月頃)

韓国岳には複数の登山口がありますが、今回はえびの高原側から登るルートをご紹介します。
この登山口は「国民宿舎・えびの高原荘」からは徒歩圏内に有り、宿泊した際は徒歩で移動可能です。


火山活動には要注意。 火山活動には要注意。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2016年4月頃)

2016年4月現在、付近に有る硫黄山の火山活動により、登山道の一部に迂回路が設置されています。
大まかなルートは同じですが、随時確認して安全登山を心がけてください。


登山道の迂回路。 登山道の様子。
登山道の様子。 登山道の様子。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2016年4月頃)

迂回路を通ってしばらく進むと登山届けの提出箱が有るので、必要に応じて手続きをしましょう。
さらに進むと樹林帯の本格的な登山道に入ります。
登山道は明瞭で整備が行き届いており、定期的に案内板が有るのでペース配分に役立ちます。


中腹から展望が開ける。 国民宿舎方面の展望。
火山らしい地形。 火山らしい地形。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2016年4月頃)

四合目付近から展望が開け、麓には県道1号線や国民宿舎などが視認できます。
地形も溶岩が凝固した火山独特の物に変化し、ここが火山で有る事を再認識させられます。


大浪池の展望。 大浪池の展望。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2016年4月頃)

さらに登ると隣接する「大浪池(おおなみいけ)」が見えてきます。
数万年前の噴火で出来た巨大な火口湖で、周遊コースも有るので是非行ってみましょう。



このページのTopへ戻る



足下を見ても、遠景を見ても、圧倒的な大展望の韓国岳山頂

韓国岳頂上。 韓国岳頂上。
韓国岳頂上。 韓国岳頂上。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2016年4月頃)

1時間ほどで韓国岳の頂上へ到着しました。
頂上は火山特有の荒々しい地形となっており、360度の素晴らしい展望が得られます。


韓国岳の火口。 韓国岳の火口。
韓国岳の火口。 韓国岳の火口。
韓国岳の火口。 韓国岳の火口。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2016年4月頃)

直径900m・深さ300mという巨大な火口は圧倒的な眺めです。
火口の周囲には樹木が生い茂っており、久しく噴火していない事が分かります。
雨が続くと水が溜まったりするそうですが、確かに水が流れた痕跡が有りました。


新燃岳方面の展望。 新燃岳方面の展望。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2016年4月頃)

頂上からは隣接する獅子戸岳や新燃岳、さらに奥には高千穂峰の姿が確認できます。
ここから高千穂河原までの縦走コースが有りますが、新燃岳の噴火の影響で現在は通行禁止です。

近年活発に活動している新燃岳ですが、現在は僅かな噴煙が確認できる状態となっています。
何時の日か縦走コースが通れるようになる日が来るといいですね。


前のページへ戻る  次のページへ進む

このページのTopへ戻る


登山コーナーのTOPへ戻る