現在地   Topページ登山コーナートップ > 日本のマッターホルン・槍ヶ岳



TegeYoka.comのトップへ戻る

登山のTOPへ戻る。

















表銀座イメージ

槍ヶ岳山荘から槍ヶ岳の頂上へ

槍ヶ岳山荘から槍ヶ岳の頂上までは標高差100m、時間にして片道30分程です。
目標は目の前に有り、直線距離でも極めて近いですが、ここからが本番です。

切り立った岩肌、反り返っているように見える長い梯子など、見る者を怯ませるには十分な威容。
私もWikipediaで頂上付近の写真を見たとき「絶対無理」と即断したものです。

しかし、東鎌尾根の難所を越えて経験を積み、いざ現地に来てみると「なんとかなりそうだ」と思いました。
周囲には多くの登山者がおり、みんなで登れば怖くないとばかりに勇気づけられたのを覚えています。
最初は怖じ気づくかもしれませんが、勇気を持ってチャレンジしてみましょう。

もちろん無理は禁物です。 駄目だと感じたら引き返すのも、それもまた勇気です。
槍ヶ岳は逃げません。 また出直せば良いのです。







槍ヶ岳の頂上へは険しい岩肌をよじ登る

下から見上げる槍ヶ岳。 下から見上げる槍ヶ岳。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

荒々しい山容で見る者を威圧してきた槍ヶ岳。 頂上に登ると言う事は、その険しい岩山に登ると言う事。
東鎌尾根で梯子や岩場の経験を積み、三点支持の基本を守り、いよいよ頂上アタックの時がやってきました。


最高の天気に恵まれた9月の週末。 見上げれば多くの登山者が頂上にアタックしています。

下から見上げる槍ヶ岳。 下から見上げる槍ヶ岳。
頂上へ向かう登山者。 頂上へ向かう登山者。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

下から見ると「あんな絶壁を登れるのか!?」と怖じ気づきそうになります。
一見すると、どこにルートが有るのか全く分かりません。 もはやロッククライミングにしか見えません。


頂上付近の様子。 頂上付近の様子。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

頂上直下には2列の梯子が連続で設置してあります。
下から見て左側が登り専用、右側が下り専用です。 間違わないように注意しましょう。


他の岩場と同様に「○」「×」「→」などのマーカーが有り、それを見ながらルートを判断します。
基本的に登りと下りではルートが分かれており、すれ違いの際もスムーズに行きます。

険しい岩登り。 険しい岩登り。
険しい岩登り。 険しい岩登り。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

少し登ると岩の裏側に回り込む形になり、山荘付近からは見えなくなります。
この付近までは比較的簡単に登る事が可能です。



このページのTopへ戻る



頂上への関門・鉄杭と梯子

いよいよ傾斜がきつくなり、ここからが本番です。 気を引き締めて頑張りましょう。

梯子や鉄杭を活用。 梯子や鉄杭を活用。
梯子や鉄杭を活用。 梯子や鉄杭を活用。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

梯子や鎖だけでなく、写真のような鉄杭を利用して登る箇所も有ります。
頑丈なので安心ですが、杭と杭の間隔がやや広く、小柄な人には難所と言えるかも知れません。


二段梯子の一個目。 二段梯子の一個目。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

頂上直下には二段梯子が有ります。 傾斜角は約80度、長さは一本目が約5m、二本目が約9mです。
特に後者は反り返っている様に見えるほど傾斜がきつく、下から見ると恐怖を感じるかも知れません。

三点支持の原則を守って慎重に登れば問題有りませんが、写真のように何人も連なって登るのは危険です。
もし上の人が滑って落ちてきた場合、下敷きになった人はまず助からないでしょう。
時間が掛かっても、一人ずつ慎重に登るべきだと思います。


最後の梯子。 最後の梯子。
槍ヶ岳山荘。 穂高連峰方面。
槍ヶ岳山荘。 穂高連峰方面。
槍ヶ岳山荘。 穂高連峰方面。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月・2016年10月頃)

槍ヶ岳登頂のクライマックスが、この連続する二本の鉄梯子です。
向かって左が登専用、右が下り専用になっているので間違えないようにしましょう。
極めて頑丈な作りなので、三点支持と先行者との間隔に注意して慌てずに登りましょう。


頂上から見た梯子。 頂上から見た梯子。
頂上から見た梯子。 頂上から見た梯子。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

頂上から見た梯子の様子です。 ご覧の通り非常に頑丈な作りです。
重要なのは「梯子の手すりが地面より高いところまで伸びている」という点です。
これが有るからこそ、上り下りする際に楽で安心なのです。



このページのTopへ戻る



ついに槍ヶ岳の頂上へ到着

頂上の祠。 頂上の祠。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

ついに標高3180m、国内第五位の槍ヶ岳山頂へ到着しました。
頂上の奥には小さな祠が有り、数種類の看板が置いてあります。
この看板は固定されておらず、記念撮影する際に手に持ってもOK。 台風で飛ばされないか心配です。


賑わう山頂。 賑わう山頂。

こんな高い場所なのに老若男女で賑わう槍ヶ岳の頂上。
記念撮影する際には互いに協力し、シャッターを押してあげましょう。


頂上からの眺め。 頂上からの眺め。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月・2016年10月頃)

下を見下ろすと、今日歩いてきた東鎌尾根や、難関ルートである北鎌尾根などが見えます。
槍ヶ岳から四方に伸びる尾根の内、南以外は「鎌尾根」と呼ばれる険しい尾根です。


常念・表銀座方面。 常念・表銀座方面。
常念・表銀座方面。 常念・表銀座方面。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

こちらは大天井岳を筆頭とした常念山脈や、燕岳・西岳など表銀座方面の展望です。


槍ヶ岳山荘。 穂高連峰方面。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2016年10月頃)

頂上から見下ろすと、巨大で複雑な槍ヶ岳山荘の構造がよく分かります。
さらに奥の方には、大喰岳・中岳・南岳から大キレットを経て穂高連峰に至る稜線の展望も。


槍ヶ岳山荘。 小槍の様子。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

槍ヶ岳の直ぐ隣には小さな(?)岩山が有り、これが「小槍」だそうです。
「アルプス一万尺」の歌に出てくるあの小槍です。
あんな狭いところで踊ったら速攻で転落、というか、そもそも登れません。
・・・等と思っていたら、登っている人が居ました。 さすがにロッククライミングの領域ですね。


下りの梯子・鎖。 下りの梯子・鎖。
下りの梯子・鎖。 下りの梯子・鎖。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

展望に満足したら、いよいよ下山開始です。
頂上直下の梯子を始め、基本的に登りと下りはルートが分かれています。(一部共通)

槍ヶ岳に限らず、基本的に下りの方が難易度が高くて注意を要します。
鎖に頼らないと足がかりが無いような場所もあるので、慌てずに慎重に降りましょう。



前のページへ戻る  次のページへ進む

このページのTopへ戻る


コーナーのTOPへ戻る