現在地   Topページ登山コーナートップ > 西岳に立ち寄りつつヒュッテ西岳へ



TegeYoka.comのトップへ戻る

登山のTOPへ戻る。

















表銀座イメージ

大天井ヒュッテからヒュッテ西岳へ

初日は合戦尾根からスタートし、燕岳へ寄りつつ大天井岳をトラバースして大天井ヒュッテへ一泊。
翌日は東鎌尾根を経由して一気に槍ヶ岳まで向かいます。
途中には眺めの良い西岳、休息にもってこいのヒュッテ西岳が有るので、時間や状況に応じて寄ってみるのも良いでしょう。







東鎌尾根を通過し槍ヶ岳に登頂する二日目は一番ハード

大天井ヒュッテを出発。 牛首展望台をトラバース。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

表銀座縦走二日目は大天井ヒュッテからスタート。
ヒュッテ前には縦走ルートと牛首展望台へのルートが分かれているので間違えないように注意してください。
進行方向に向かって右側にある急登が展望台へのルート、左手にある下り道が縦走ルートです。


燕山荘から大天井ヒュッテまでは森林限界を超えた稜線歩きが主でしたが、この付近は樹木に覆われた場所も存在します。

穏やかな登山道。 穏やかな登山道。
低難易度の梯子・岩場。 低難易度の梯子・岩場。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

ヒュッテ西岳までは比較的穏やかな道のりで、僅かな梯子場も低難易度です。


貧乏沢への入り口。 貧乏沢への入り口。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

大天井ヒュッテを出発して15分程度で「貧乏沢」への入り口に差し掛かります。
一応看板は有りますが、非常に地味なので注意していないと見落とすかも知れません。


美しい花崗岩。 美しい花崗岩。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

出発から20分程すると、背後から太陽の光が差し、一気に明るく、そして暑くなってきました。


出発から30分程で「ビックリ平」へ到着しました。
何がビックリなのかは分かりませんが、この付近は開けており、槍ヶ岳をはじめとした展望が素晴らしいです。

トラバースルートの様子。 トラバースルートの様子。
トラバースルートの様子。 トラバースルートの様子。
トラバースルートの様子。 トラバースルートの様子。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

昨日以上に槍ヶ岳が近くに見えます。
遥か遠くに有った槍ヶ岳が段々近づいてくる、そんな達成感に満ちあふれたコースです。


トラバースルートの様子。 トラバースルートの様子。
トラバースルートの様子。 トラバースルートの様子。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

槍ヶ岳を眺めつつ、森林限界付近の稜線をひたすら歩きます。
今回は風が弱かったですが、場所と季節柄、フリースやレインウェアなどの防寒対策を忘れずに。


トラバースルートの様子。 トラバースルートの様子。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

稜線を歩いていると、突然足下で何かが動いたので驚きました。
足下を見ると、先日同様につがいのライチョウが居るではありませんか。
こうやって見ると、岩場では完全に保護色になっていますね。

飛び立って逃げることは無く、比較的近くをトコトコと歩いています。
どうやら北アルプスのライチョウは肝が据わっている様です。


トラバースルートの様子。 トラバースルートの様子。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

雷鳥以外の鳥も発見。 詳細は不明ですが、どうやらイワヒバリでしょうか?
今後は動植物のガイドブックを持参したいですね。



このページのTopへ戻る



開けた稜線歩きで絶景を堪能

ビックリ平から先は視界の開けた稜線歩きが続きます。
前方には槍ヶ岳はもちろん、穂高岳方面も見えます。

北穂高岳・奥穂高岳に加え、ジャンダルムらしき物も見えますね。
後方を振り返ると、早朝に出発した大天井ヒュッテが遙か遠くに見えます。

大天井ヒュッテ。 牛首展望台への道。
合流・分岐点。 大天井岳。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

こちらは常念山脈方面の様子です。 山脈の向こうには美しい雲海が広がっています。
稜線上に見える山小屋は常念小屋でしょうか?


真夏に丹沢山へ登った際は、大気の影響で遠くの景色が見えませんでした。
しかし、今回は秋の早朝という事で、空気が澄んでいて遥か遠くの景色まで綺麗に見渡せます。

大天井ヒュッテ。 大天井ヒュッテ。
大天井ヒュッテの食事。 寝室の様子。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

途中の開けた場所には大きなケルンが積んで有りました。
これから挑戦する東鎌尾根から槍ヶ岳に至るルートが見渡せます。



このページのTopへ戻る



赤岩岳・西岳を経由してヒュッテ西岳へ

大天井ヒュッテからヒュッテ西岳まではおよそ4kmの道のりです。
合戦尾根や東鎌尾根の様な難所は特になく、稜線の景色を眺めながらゆったりと歩けます。

牛首展望台。 大天井岳の頂上。
牛首展望台。 牛首展望台。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

難易度が低いとは言え、何カ所か注意を要する場所もあります。
写真の場所は側面が切れ落ちており、特に降雨・積雪時は慎重に歩く必要があります。


ヒュッテ西岳の直前に「西岳(2758m)」が有り、頂上へのルートが分岐しています。
元々縦走路の標高が高いので、西岳頂上までは健脚者なら5分程度で上がれます。
槍ヶ岳などの見晴も良いので、せっかくなので立ち寄っていきましょう。

なお、西岳より手前に「赤岩岳(2768m)」もあるのですが、頂上への案内板や分岐点は特に有りません。
行こうと思えば行ける様ですが、西岳の様にしっかりとした道があるわけでは無い様です。

牛首展望台からの眺め。 牛首展望台からの眺め。
牛首展望台からの眺め。 牛首展望台からの眺め。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

西岳の頂上からは槍ヶ岳をはじめ、360度の素晴らしい展望です。
進行方向には「ヒュッテ西岳」の姿が確認できます。


夕焼けの槍ヶ岳方面。 夕焼けの槍ヶ岳方面。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

大天井ヒュッテを出発して2時間半程でヒュッテ西岳に到着しました。
難関の東鎌尾根に突入する前に、ここでゆっくり休んでいきましょう。

ここは非常に見晴らしが良く、テント場もあるので表銀座縦走の中継地点にもってこいです。
名物(?)の冷やしトマトを食べて休息しましょう。



前のページへ戻る  次のページへ進む

このページのTopへ戻る


コーナーのTOPへ戻る