現在地   Topページ登山コーナートップ > 大天井岳をトラバースして大天井ヒュッテへ



TegeYoka.comのトップへ戻る

登山のTOPへ戻る。

















表銀座イメージ

難所の続く大天井岳トラバースルート

喜作レリーフを過ぎたら直ぐに分岐があり、常念岳方面と槍ヶ岳方面の道が分かれます。
槍ヶ岳方面へは大天井岳をトラバースするようにルートが続いています。

こちらは鎖場や梯子場が続く難所となっており、慎重な歩行が求められます。
後に通ることになる東鎌尾根に向けての前哨戦とも言えるでしょう。







難所の連続する大天井岳トラバースルート

常念山脈と槍ヶ岳の分岐点。 常念山脈と槍ヶ岳の分岐点。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

喜作レリーフを過ぎると、程なくして分岐点に差し掛かります。
左折すると大天井岳・常念岳・蝶ヶ岳方面、直進すると槍ヶ岳方面です。
多少時間は掛かりますが、大天井岳を経由しても槍ヶ岳方面へ行くことは出来ます。

大天井岳の頂上直下に有る「大天荘」にはテントの設営が可能なので、この付近で野営する場合はこちらへ進みましょう。   「大天井ヒュッテ」へは直進します。


トラバースルートの様子。 トラバースルートの様子。
トラバースルートの様子。 トラバースルートの様子。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

槍ヶ岳や大天井ヒュッテへのルートは大天井岳をトラバースする様に伸びています。
さしたる急登は有りませんが、注意を要する鎖場などが有り、慎重な通行が求められます。
危険箇所にはマーカーや鎖が設置されており、基本的にルートは明瞭です。


美しい花崗岩。 美しい花崗岩。
美しい花崗岩。 美しい花崗岩。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

大天井岳も燕岳と同様に花崗岩が多数存在し、コースからの眺めは絶景その物。
景色に見とれて足を踏み外さないように注意してください。


トラバースルートの様子。 トラバースルートの様子。
トラバースルートの様子。 トラバースルートの様子。
トラバースルートの様子。 トラバースルートの様子。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

分岐点から大天井ヒュッテまではおよそ40~50分程。
急登は少ないですが、途中に注意を要する岩場が多数存在します。
慎重に進めば問題有りませんが、道が狭いのですれ違いの際にはご注意を。


このトラバースルートの中で最も危険なのがここでしょうか。

トラバースルートの様子。 トラバースルートの様子。
トラバースルートの様子。 トラバースルートの様子。
トラバースルートの様子。 トラバースルートの様子。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

確かに落ちたら危険な場所ですが、足場・手がかりは豊富に有り、頑丈な補助の鎖も有ります。
慌てずに慎重に進めば大丈夫です。 ヘルメットを着用するのも良いでしょう。


トラバースルートの様子。 トラバースルートの様子。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

難所が続くルートですが、梯子場はほとんど無く、有っても高さは低いです。
迷うような場所も一切無いので、慎重かつ着実に進みましょう。



このページのTopへ戻る



表銀座の中継点「大天井ヒュッテ」

しばらく進むと大天井岳西部に位置する峠に「大天井ヒュッテ」が見えます。
近くには「牛首展望台」へのルートが延びています。

大天井ヒュッテ。 牛首展望台への道。
合流・分岐点。 大天井岳。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

大天井ヒュッテの直前は急坂となっており、ここで大天井岳からのルートが合流します。
右下の写真は大天井岳の様子で、左へ伸びるのが今歩いてきたトラバースルート、右へ伸びるのが大天荘や常念岳へのルートです。


大天井ヒュッテ。 大天井ヒュッテ。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

燕山荘からおよそ三時間で今夜の宿泊先「大天井ヒュッテ」へ到着。
宿泊はもちろん昼食営業も行っていますが、テント場は有りませんので注意。


大天井ヒュッテの食事。 寝室の様子。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

大天井ヒュッテの夕食と言えばトンカツ。 疲れた体にトンカツは最高ですね。
味噌汁やがんもどき、甘いデザートなども美味しくて疲れが取れます。
なお、魚料理の選択も可能で、希望の際はチェックイン時に申し込みます。



このページのTopへ戻る



絶景が楽しめる「牛首展望台」

牛首展望台。 大天井岳の頂上。
牛首展望台。 牛首展望台。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

大天井ヒュッテは鞍部に有り、この位置からは朝日・夕日共に見えません。
しかし、付近に有る「牛首展望台」からはそれらを含む絶景が堪能できます。
夕食・朝食後には鑑賞ツアーを行っているので是非行ってみましょう。

展望台へは割と急登ですが、往復30分程度と手軽に行けます。
振り返ると大天井岳の頂上にも人の姿が見えます。


牛首展望台からの眺め。 牛首展望台からの眺め。
牛首展望台からの眺め。 牛首展望台からの眺め。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

展望台からは槍ヶ岳を含む絶景が堪能できます。 槍ヶ岳の頂上には人の姿が見えます。
左下の写真は今日歩いてきた燕岳・燕山荘方面です。


夕焼けの槍ヶ岳方面。 夕焼けの槍ヶ岳方面。
夕焼けの槍ヶ岳方面。 夕焼けの槍ヶ岳方面。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

本日のクライマックスは展望台から眺める夕日。
夕日に照らし出された槍ヶ岳のシルエット、上空に広がる幻想的な雲・・・ まさに絶景です。


常念山脈方面。 常念山脈方面。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

後ろを振り返ると常念山脈が見えます。
真っ赤に染まる槍ヶ岳方面に対し、こちらは青い空と雲が大変美しいですね。



前のページへ戻る  次のページへ進む

このページのTopへ戻る


コーナーのTOPへ戻る