現在地   Topページ登山コーナートップ > 表銀座を縦走して大天井岳方面へ



TegeYoka.comのトップへ戻る

登山のTOPへ戻る。

















表銀座イメージ

表銀座縦走コースとは?

合戦尾根から槍ヶ岳へ続くルートは「表銀座」と呼ばれ、絶景が楽しめる縦走ルートとして人気です。
槍ヶ岳を遠くに見つつ、大天井岳や西岳を経由しての稜線歩きは最高です。

この頁では燕山荘付近から大天井岳の手前までをご紹介します。
合戦尾根を早朝にスタートできれば、一日で大天井岳まで到達できます。







燕山荘から大天井岳方面へ

燕山荘付近の様子。 燕山荘付近の様子。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

合戦尾根から見て右手へ進むと燕岳方面。
逆に左手へ進むと槍ヶ岳へと続く「表銀座縦走コース」です。

合戦尾根は「北アルプス三大急登」と呼ばれる急登でしたが、今度は一転して穏やかな稜線歩きとなります。
3000m近い稜線歩きはひたすら絶景が続く素晴らしいコースです。


ルート上の花崗岩。 ルート上の花崗岩。
ルート上の花崗岩。 ルート上の花崗岩。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

燕岳と同様に、この付近も花崗岩の美しい景色が広がっています。
特徴的な岩の数々を眺めているだけでも飽きない楽しいコースです。


蛙岩付近の様子。 蛙岩付近の様子。
蛙岩付近の様子。 蛙岩付近の様子。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

燕山荘から1.2kmの場所に「蛙岩(げえろいわ)」と呼ばれる大きな岩があります。
燕岳のイルカ岩と違い、どの角度から見れば蛙に見えるのかがよく分かりませんが、巨大で特徴的な岩なのは間違い有りません。


遠くに大天井岳、そしてさらに奥には槍ヶ岳の勇姿。
この二つをはじめとした数々の雄峰を長めならの稜線歩きは楽しいの一言。
特に槍ヶ岳は表銀座を歩いている間はほぼ常時視界に入っており、遥か遠くの目的地へ一歩一歩近づくという達成感を味わえます。

森林限界より上のルート。 森林限界より上のルート。
大下り付近。 大下り付近。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

燕岳と大天井岳のほぼ中間地点にある「大下り」
その名の通り、ここから急登(この場合は下り)が始まります。
遠くに見える雄大な槍ヶ岳を見つつ、一旦休息していきましょう。


強風の影響。 強風の影響。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

稜線沿いにある樹木の多くが片側に向けて傾いています。
3000m級の稜線と言う事で、常時強烈な風に晒されるのでしょう。


急登も有り。 急登も有り。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

縦走コースなのでピーク毎にアップダウンがあり、時には体力を使う急登も有ります。
しかし合戦尾根ほどではないので慌てずにゆっくり登りましょう。


美しすぎる稜線歩き。 美しすぎる稜線歩き。
美しすぎる稜線歩き。 美しすぎる稜線歩き。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

ご覧ください、この雄大な縦走路を!
森林限界を超えた場所にあるコースなので、これから歩く場所が遠くまでハッキリ見えます。


燕山荘を振り返る。 大天井岳。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

左はこれまで歩いてきた燕岳方面。右はこれから向かう大天井岳方面です。



このページのTopへ戻る



喜作レリーフと梯子場&鎖場

燕山荘から大天井岳の直前の分岐点までは、これと言った危険箇所はありません。
唯一とも言える難所は、分岐点の直前にある鎖場・梯子場です。
この岩場は「切通岩」と呼ばれているようです。

難所と言っても、あくまでこのコース上での話であり、落ち着いて通過すれば大丈夫です。

レリーフ直前の鎖と梯子。 レリーフ直前の鎖と梯子。
レリーフ直前の鎖と梯子。 レリーフ直前の鎖と梯子。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

岩場には十分な手がかり・足がかりが有り、頑丈な鎖も設置してあります。
また、梯子も高さが無いので恐怖感はありません。

槍ヶ岳の頂上直下はもちろん、これから通る東鎌尾根や大天井岳トラバースコースにはもっと高難易度の場所があります。
その場所に備えての予行演習にもってこいの場所と言えるでしょう。


レリーフ直前の鎖と梯子。 レリーフ直前の鎖と梯子。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

鎖場全体の様子です。 こうして見ると、決して難易度が高い場所では無い事が分かると思います。
規模や難易度的には、丹沢・表尾根に有る鎖場に近い感じでしょうか。


喜作レリーフ。 喜作レリーフ周辺の様子。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。(撮影:2014年9月頃)

登山家に人気の表銀座縦走コース。
その開設に尽力した「小林喜作」氏を称えるレリーフが飾ってあります。

大天井岳の直前にある鞍部にあり、知っていれば分かりやすいのですが、
視界に入りにくい位置に有るので、知らないと気づかずに通り過ぎてしまうかも知れません。
右側の写真の、右端やや下寄りにあるのがレリーフです。

レリーフを過ぎると直ぐに登り道になり、大天井岳(大天荘)・常念岳方面と槍ヶ岳・大天井ヒュッテ方面への分岐点があります。



前のページへ戻る  次のページへ進む

このページのTopへ戻る


コーナーのTOPへ戻る