現在地   Topページゲーム名作劇場Top > 「ShadowWarrior」の美しすぎるステージ



TegeYoka.comのトップへ戻る

ゲーム業界ページのトップへ戻















新作「ShadowWarrior」はグラフィック面でも劇的に進化



ゲームを愛する者として、「ゲームの面白さは映像の綺麗さだけでは決まらない」という事は重々承知しているつもりです。
しかし、美しい映像はゲームを盛り上げる重要な要素で有る事も事実。
新作「Shadow Warrior」は最新の技術とセンスで見とれるほどに美しくなって帰ってきました。


では、とんでもなく美しくなった「Shadow Warrior」の世界をご紹介しましょう。



本気で美しい、半端ではなく綺麗なステージ

何度も言いますが、ゲームの楽しさは映像の綺麗さだけでは決まりません。
その一方で、美しい映像でなければ表現できない世界があるのも事実。

「Shadow Warrior」の新作は、とてつもなく美しい映像が独特の世界観を見事に表現しています。
ステージを眺めているだけでも満足できるほどに美しいです。


美しすぎるステージ。 美しすぎるステージ。
美しすぎるステージ。 美しすぎるステージ。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


ゲームの映像がどれだけ進化したかを計るためには、単にポリゴン数の多さやテクスチャー解像度だけでなく、他の要素にも注目しましょう。
ポストエフェクトの綺麗さや、樹木・水・光といった自然物の表現がどれだけ自然で美しいかにも注目です。
特に自然物の表現は大変難しいので、ここをどれだけ上手く処理しているかで技術レベルが推し量れます。


竹林の表現は圧巻。 竹林の表現は圧巻。
竹林の表現は圧巻。 竹林の表現は圧巻。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


今作も少々怪しく表現された日本が舞台です。
怪しいながらも大変美しく表現されているのですが、中でも竹林の表現は圧巻です。


洞窟も綺麗。 洞窟も綺麗。
うっそうとした森。 怪しい京都の町並み。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


樹木の間から漏れてくる木漏れ日は息をのむ美しさ。
また、洞窟内を流れる水は本当に冷たそうに見えます。


光や煙が綺麗すぎる。 光や煙が綺麗すぎる。
光や煙が綺麗すぎる。 光や煙が綺麗すぎる。
光や煙が綺麗すぎる。 光や煙が綺麗すぎる。
光や煙が綺麗すぎる。 光や煙が綺麗すぎる。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


光や煙の表現が大変美しいです。
煙はよく見ると、帯状のポリゴンに煙のテクスチャーをUVスクロールさせている様に見えます。
いずれにしても美しく、数も膨大なので作り方を参考にしてみたいですね。


近代的なステージ。 幻想的なステージ。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


今作は全17章で構成されていますが、ステージのデザインは多彩で飽きさせません。
別頁で紹介しますが、「Shadow Warrior」らしいお馬鹿なステージも色々有ります。


圧巻は台風のシーン。 圧巻は台風のシーン。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


今作のハイライトはやはり台風のステージでしょう。
とてつもなく美しいのですが、同時にとてつもなく重く、「GeForce560GTX」でも厳しいレベルです。
もちろんオプションで映像レベルを調整できますが、やはり最高設定で堪能したいですね。


お馴染みの雪国。 お馴染みの雪国。
坑道ステージ。 夕日が綺麗。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


「Serious Sam The Second Encounter」を彷彿とさせる雪国ステージとかも有ります。
何度も書きましたが、本当に美しい・・・



このページのTopへ戻る