現在地   Topページゲーム名作劇場Top > 「ShadowWarrior」の新作を堪能せよ



TegeYoka.comのトップへ戻る

ゲーム業界ページのトップへ戻















十数年の時を経て、「ShadowWarrior」の新作が登場



「Duke Nukem 3D」や「Shadow Warrior」がFPS史に名を残す名作なのは間違い有りません。
しかし、開発元の3D Realmsがあんな事になったし、もはや続編は絶望的でした。

しかし、しかしです。 初代の発売から十数年の時を経て、2013年にまさかの新作が登場しました。
紆余曲折有りましたが、「Duke Nukem 3D」共々新作が遊べるというのは幸せな事ですね。


では、さらに怪しくなった「Shadow Warrior」の世界をご紹介しましょう。



新しいけど懐かしい、帰ってきた「Shadow Warrior」

何度も言いますが、まさか新作が出るとは夢にも思っていませんでした。
それだけに情報を入手したときは激しく狼狽したものです。(笑

ゲーム起動時に「3D Realms」のロゴが出たときは、なんとも言えないホッとした気分になりました。
「SeriousSam」でもお馴染みのメーカー名も見えますが、ゲーム中でも色々コラボ(?)しています。


タイトルロゴ。 タイトルロゴ。
タイトルロゴ。 タイトルロゴ。
実績システム。 自己流でパワーアップ。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


リメイク版&新作の「SeriousSam」シリーズと同様に、この「Shadow Warrior」でも最近のシステムが色々導入されています。
「実績」システムがその代表で、ゲーム中に様々な条件を達成すると実績が解除されます。
その種類は膨大で、中には非常に高難易度な物もあり、やり込み派のプレイヤーも安心です。

また、今作の最大の特徴は、プレイ中に武器やプレイヤーの能力を強化できるという点です。
どの要素をいつ強化するかはプレイヤー次第なので、好みに応じて様々な楽しみ方が出来ます。


240Z。 怪しい主人公。
相方のホージー。 相方のホージー。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


シングルプレイ型のFPSらしく、今回はイベントシーンも大幅に強化されてます。
240Zを愛するどことなく怪しい主人公に、ファン感涙(?)の「ジラ」も登場!


CIWSの様な武器。 CIWSの様な武器。
電車を動かして道を作る。 電車を動かして道を作る。
扉を開けよう。 扉を開けよう。

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


ターレット型の武器など、今風のギミックが色々導入されている新作。
しかし、ゲームのプレイを妨げるような難解な物は存在しません。
扉を解錠する為のアイテム集め程度はありますが、それも直ぐ分かる程度の物ばかりです。



このページのTopへ戻る