現在地   Topページゲーム名作劇場TopFPSの大御所「Doom」とは? > 多彩なモンスターの紹介。



TegeYoka.comのトップへ戻る

ゲーム業界ページのトップへ戻



















Doomに登場する愛くるしい(?)敵キャラ達

DoomはFPSですから、当然ながら敵とのバトルがゲームのメインとなります。
初代Doomの時点で個性的なモンスターが揃っていましたが、続編であるDoom2で一挙に追加されました。

巨大でタフな奴、高速で動き回る奴、特殊攻撃を仕掛けてくる奴。
中には倒した敵を蘇生する奴も居たり等、実に個性的で、ゲームを大いに盛り上げてくれます。


ここでは、そんな愛くるしいモンスター達をご紹介いたします。
なお、各画像は拡張エンジンである「Risen3D」用の3Dモデルデータとなっています。
本家は低解像度のドット絵ですが、機会があればそちらもご紹介したいですね。



ゾンビ兵士 (Former Human)

ゾンビ兵士

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


Doomの世界では、まさに雑魚中の雑魚です。
ライフルを単発で撃ってきますがダメージは小さく、群れに襲われても驚異ではありません。
弱すぎるためか、FinalDoom等では余り見かけなくなりました。

出現時は「ハゴォッ」「ノオ"オ"オ"オ"オ"オ"ー」「ウェラオゥ」などの叫び声を上げ、
徘徊中は「エ"エ"エ"ェーイ」みたいな声を出します。

知能は低めで簡単に同士討ちを始めますが、同士討ちを狙うまでも無く簡単に倒せます。
どの武器でも倒すのは容易ですが、集団ならばチェインガンやバズーカで一掃しましょう。
倒すとピストル・チェインガン兼用の弾丸を落とします。

軍曹 (Sargent)

軍曹

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


ゾンビ兵士の上司とも言える存在で、行動パターンや耐久力など基本的な部分は同じです。
ただし、所持している武器がショットガンなので、至近距離で攻撃されるとかなりダメージを受けます。
やはり耐久力が低いので、単体ならショットガン、群れなら連射の効く武器かバズーカで一掃しましょう。
こいつも知能が低いので、同士討ちを狙ってもOKです。

倒すとショットガンを落とします。 これは拾うことで弾丸の補給にもなります。

コマンド (Commando)

コマンド コマンド

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


Doom2からの登場で、少々ゴツイ体格をしています。
行動パターンなども他の兵士と同じですが、チェインガンで武装しているため、至近距離&集団で襲われると瞬殺される事があります。
Doomには多彩な敵が登場しますが、ある意味一番驚異なのがこいつと言えます。

猛烈な連射をしてくるので、同士討ちになった場合、カコデーモンなどの上位モンスターを仕留めてくれる事も有ります。

下級兵士よりは若干耐久度があるので、ショットガンやチェインガンで速やかに退治しましょう。
倒すとチェインガン(弾丸兼用)を落とします。

インプ (Imp)

インプ インプ

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


Doomを代表するモンスターの一つで、シリーズを通して大量に出現します。
出現時は「ハアァァー」みたいな雄叫びを、徘徊中は「カコカッ、カコカッ」と呻きます。

遠距離では炎を投げ、近距離ではひっかいて攻撃して来ます。
兵士達よりは耐久度がありますが、上手く狙えばショットガンで一撃で倒せます。
近距離であればツインショットガンを使うことで複数同時に倒すことが出来ます。

なお、ゾンビ兵士と異なり、インプなど他のモンスターは同族での同士討ちはしません。


インプの亜種 インプの亜種

なお、WADの一つである「HELL GROUND」では、このインプを元にした新敵キャラクターが出現します。
一見いつものインプの様に見えるのですが、彩度の低い、灰色っぽい色味をしています。
しかも動きが非常に素早く、バロンと似たようなエネルギー弾で攻撃して来ます。
もちろん威力も高く、群れに襲われると脅威です。

デーモン (Demon)

デーモン デーモン

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


Doomでは数少ない、飛び道具で攻撃してこない敵です。
元々素早い上に、こちらを発見すると脇目もふらず突進してくるため、Nightmareモードや「-fast」実行時は驚異です。

攻撃力も高いため、狭い場所で群れに襲われると危険ですが、大きな段差などを越えて移動する事は出来ないので、地形を利用すれば一方的に倒すことが可能です。

比較的耐久度があるので、ショットガン系統、特にツインショットガンで一撃必殺を狙いましょう。
バズーカで攻撃する際は、一気に距離を詰められないように要注意です。

弾丸を節約したいときは地形を利用しつつ、一匹ずつチェーンソーで仕留めるのも手です。
しかし、Nightmareモードや「-fast」実行時は危険なのでおすすめしません。

スペクター (Spectre)

スペクター

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


一見何も居ないように見えますが、よく見ると薄い影のようなモンスターが写っています。
分かりやすく言うなら映画「プレデター」に登場したプレデターの様な敵です。

もっとも、プレデターの様に美しい屈折透明な訳ではなく、黒いメッシュの様な半透明な体をしています。
それでも暗闇などに紛れていると発見しにくく、目の前に居るのに気づかずにうっかりロケットランチャーを発射したら危険です。

形状・能力的にはデーモンと同様なので、対処法も同じです。

バロンオブヘル (Baron of Hell)

バロンオブヘル バロンオブヘル

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


一回り大きな体を持つ、攻防力共に強力な敵です。
初代ドゥームでは最初のエピソードのボスを務めていましたが、その後は雑魚のごとく大量に出現します。

こちらを発見すると「ハオォーン」と雄叫びを上げ、徘徊中も凶悪な声を上げます。
遠距離ではエネルギー弾を、近距離ではひっかいて攻撃して来ます。
このエネルギー弾は強力で、雑魚兵士に直撃すると、希に木っ端微塵になります。

倒すには、バズーカの直撃弾5発かBFG9000の直撃弾一発が必要です。
接近戦ならツインショットガンも良いですが、間違ってもチェーンソーで挑まないようにしましょう。


ちなみに、私はバロンの事を「彼」と呼んでいます。 特に深い意味は有りません。

ヘルナイト (Hell Knight)

ヘルナイト ヘルナイト

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


バロンの弟分とも言える敵で、Doom2からの登場です。
基本はバロンと一緒ですが、若干耐久度が低いので、比較的倒しやすいです。

余裕が有ればツインショットガンが有効ですが、攻撃力は高いので油断は禁物です。
強いので同士討ちの際は大活躍してくれますが、上位モンスターであるバロンとは同士討ちしません。


ちなみに私は「弟さん」と呼んでいます。

マンキュバス (Mancubus)

マンキュバス マンキュバス

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


こちらもDoom2からの登場で、見るからに醜悪な外見をしています。
こちらを発見すると「ウ"ゥーワンワン」という犬のような声を発し、攻撃時には「アングビバァ」と叫びます。
徘徊中の声はなぜか雑魚兵士と同じなので、うっかり安心しないようにご注意を。

図体が大きく動きも鈍いため、攻撃を当てるのは容易です。
耐久力があるので重火器で攻撃しましょう。 余裕があればツインショットガンもお勧めです。

両手に備え付けられたロケット砲(?)から猛烈な攻撃をしてきます。
この攻撃は一度に二発発射され、さらに三連射してくるので、数が多いと相手の攻撃で画面が埋め尽くされることもあります。
攻撃が激しすぎるのでモロに食らったら危険ですが、同士討ちの際は鬼神のごとき活躍が期待できます。

レベナント (Revenant)

レベナント レベナント

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


やはりDoom2からの登場ですが、シリーズを通じて「嫌な敵No.1」とも言える敵です。

外見や叫び声も不気味ですが、肩から発射される砲弾はこちらを追尾して来ると言う凶悪さ!
砲弾は両肩から発射されますが、飛んでくるのは一発のみです。 また、爆風ダメージはありません。

砲弾はしつこく追跡してきますが、幸いなことに、速度は遅く小回りも効きません。
壁などを利用して上手くやり過ごしましょう。 余裕があれば他の敵に当てて同士討ちを狙えます。

なお、近距離では殴って攻撃して来ますが、この時の音がスナップが効いた感じで良い感じです。
若干ひるみやすく、耐久度も低めなので、速攻勝負を仕掛けるのも有りです。

アークパイル (Arch Vile)

アークパイル アークパイル

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


こちらもDoom2からの登場ですが、最も凶悪かつ個性的なモンスターと言えるでしょう。
痩せこけたような体、骸骨のような顔など、見た目は不気味で、全力ダッシュの如く動き回ります。
そして、極めて特殊かつ厄介な攻撃を仕掛けてきます。

アークパイルの攻撃は特殊で、距離に関係なく一種類の攻撃をしてきます。
攻撃動作に入るとプレイヤーの足下がメラメラと燃え始め、動作が終わる前に倒すか隠れるかしないと必ずダメージを受けます。 ダメージも甚大で、かつ大きく吹き飛ばされるので、状況によっては致命傷となります。

攻撃動作が長く、途中までダメージ判定が無いので、速攻勝負を挑むのも手です。
倒すならバズーカやプラズマライフルの連射、或いはBFG9000の直撃弾を一発です。


なお、こいつは他のモンスターを蘇生するという、とんでもない特殊能力を持っています。
(サイバーデーモン等のボスキャラ、死亡時に完全消滅するロストソウル、自分と同類の敵などは除く)
こいつを放っておくとどんどん蘇生されてしまうので、出現したら最優先で始末しましょう。


最優先で倒すべきモンスターなのは間違い有りませんが、乱戦の中で登場すると非常に厄介です。
アークパイルの攻撃は飛び道具では無いので、プレイヤーとの間に他のモンスターが居てもお構いなしに命中します。
敵が多すぎて速攻勝負が挑めない場合は、同士討ちで弱るのを待った方が良いかも知れません。

アラクノトロン (Arachnotron)

アラクノトロン アラクノトロン

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


Doom2から登場した敵で、スパイダーマスターマインドを小さくしたような姿をしています。
徘徊時に「ガーガービービー、ガシガシガシガシ」と音を発するのですが、極めてやかましく、近くにいるだけでうんざりします。 健康にも悪いので、さっさと始末しましょう。

プラズマライフルを連射して攻撃してくるので凶悪です。 まともに食らうと被害甚大です。
倒すか逃げるかしない限り永遠に連射してきますし、遠距離から音も無く飛来する攻撃は厄介です。
バズーカやツインショットガンで上手く対処しましょう。


ちなみに私は「小蟹(こがに)」と呼んでいます。

カコデーモン (Cacodemon)

カコデーモン カコデーモン

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


初代ドゥームから居る敵で、一部でマスコットキャラ的な人気が有るようです。

こちらを発見すると「キシイィィィィィ」と雄叫びを上げ、炎を吐きつつゆっくり接近してきます。
動きは鈍いのですが、空を飛ぶ上にタフなので、群れで登場すると厄介です。
エネルギー弾を飛ばして攻撃して来ますが、これが雑魚兵士に当たると、時々木っ端微塵になります。

近距離でチェインガンを連続で浴びせると、相手に攻撃の隙を与えずに倒すことができます。
しかし、弾切れや当て損なったりすると、こちらが焼き殺されるので注意です。


ちなみに私は「ハインド」と呼んでいます。 巨大でタフだし、空を飛んで激しい攻撃をしてくる様が、旧ソ連軍の「Mi24ハインド」を彷彿とさせたからですが、どうでも良い話ですね。

ロストソウル (Lost Soul)

ペインエレメンタル ペインエレメンタル

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


初代ドゥームから居ますが、なかなか特徴的な奴です。

デーモン同様に飛び道具を持たない敵で、こちらを発見すると高速で接近して体当たりしてきます。
近距離で連続攻撃を受けると結構なダメージになるので注意。

出現しても特に雄叫びを発することはないので、相手が戦闘態勢に入ったかどうかが分かりにくいです。
バズーカで攻撃する際は、相手が突進してきて、プレイヤーも爆発ダメージを受けない様に注意してください。

このロストソウル、最初から配置されている分も、下で紹介しているペインエレメンタルから吐き出される分も、キルカウントには含まれません。

なお、こいつも知能が低いのでゾンビ兵士同様に同士討ちをする事が有ります。


ちなみに私は「秀吉」と呼んでいます。
なんとなく戦国武将の顔に見えたからだと思いますが、今思うと電波でも受信していたのかも知れません。

ペインエレメンタル (Pain Elemental)

ペインエレメンタル ペインエレメンタル

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


アークパイルと並んで、Doomでも特に特殊なモンスターがコイツです。

本体は攻撃能力を持っていませんが、口からロストソウルを次々に生み出す能力を持っています。
放っておくと画面がロストソウルで埋め尽くされる恐れがあり、ゲームのオプションで吐き出す数を制限できるほどです。

サイズ・耐久力・行動パターンなどはカコデーモンとほぼ一緒です。
倒すと墜落し、その瞬間にロストソウルを数匹吐き出すので、倒したらすぐに身を隠しましょう。

アークパイル同様、見つけ次第瞬殺すべきモンスターですが、連射の効かない武器で攻撃すると、次々に吐き出されるロストソウルに阻まれて本体に攻撃が届かない場合が有ります。
ロストソウルの体当たりに気をつけつつロケットランチャーで攻撃するか、プラズマライフルの連射で速攻勝負を挑みましょう。

なお、倒すと爆発して死骸が残らないので、アークパイルに蘇生される事はありません。

サイバーデーモン (CyberDemon)

サイバーデーモン サイバーデーモン

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


数あるDoomモンスターの頂点に位置するのがコイツで、初代ドゥームではエピソード2のボスでした。
凶悪な強さを誇りますが、続編以降ではかなり頻繁に登場する、実に迷惑な奴です。

出現時には「ウォーン」という負け犬のような情けない声を発しますが、徘徊中は「ドゴスッ、ドゴスッ」という、たくましすぎる足音を出します。
ロケットランチャーを数十発打ち込まないと倒せない強靱な肉体、一撃で致命傷を与えてくるロケットランチャー攻撃など、倒すには相当な労力が要求されます。

強力な敵ですが、開けた場所で他に敵がいなければ意外に対応しやすい敵でもあります。
サイドステップでロケット攻撃を避けつつ、タイミング良く撃ち込みましょう。

なお、余りの強さ故に、同士討ちの場では神がかり的な強さを発揮してくれます。 有効活用しましょう。

スパイダーマスターマインド (Spider Mastermind)

スパイダーマスターマインド スパイダーマスターマインド

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


サイバーデーモン同様に巨大な敵で、初代ドゥームではエピソード3のボスでした。
アラクノトロンを巨大にしたような姿で(登場はこちらが先ですが)、奴らを引き連れて出現する事も多いです。

装備したスーパーチェインガンで猛烈な攻撃を仕掛けてきますので、隠れつつ攻撃しても結構なダメージを受けます。
サイバーデーモンに次ぐタフさなので、無謀な接近戦はお勧めしません。

なお、Doom2のとあるステージにおける、サイバーデーモンとの同士討ちシーンは、Doomを代表する名場面です。

親衛隊 (SS Guard)

親衛隊 親衛隊

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


Doom2の隠しステージ(Stage31・32)のみで出現する敵です。
一見して分かるように、このステージはナチスの秘密基地の様な設定で、出現する彼らは親衛隊と言う訳でしょう。

大抵の場合集団で出現し、「ウィッサッホー・ウィッサッホー」と叫びながらライフルを撃ってきます。
このライフル、軍曹が装備している物より発射速度が速く、群れで出現する事も合わせ、なかなか油断なりません。

耐久度も若干高いですが、所詮は雑魚兵士、簡単に倒せます。
また、同士討ちもよくやるので、場合によっては狙ってみましょう。

謎のキャラ (Commander Keen)

Commander Keen Commander Keen

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


やはりDoom2の隠しステージ(Stage32)でのみ出現する、謎のキャラクターです。
DoomWikiによると「Commander Keen」という名前が有るらしく、画像検索すると、なるほど同じようなキャラが出てきます。

謎なキャラですが、まずは明らかにゲーム画面にマッチしていない、ファミコン以下のドッド絵が目をひきます。
もちろん意図的にやっているのでしょうが、このキャラの素性共に謎です。
首をつっているようなシチュエーションも不気味すぎます。

只のオブジェと思いきや、キルカウントに含まれており、合計4体倒さないとステージクリアになりません。
もっとも、彼らは身動きもしなければ、攻撃もしてきません。 撃つと反応するのが滑稽です。

ジョン・ロメロ? (John Romero??)

ジョン・ロメロ ジョン・ロメロ

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


一見疲れ果てたランボー(シルベスタ・スタローン)の様にも見えますが、もちろん違います。
どうやらDoomの産みの親である「ジョン・ロメロ」氏の様です。
Doom2以降のラスボスとして登場します。

最終ステージに行くと右画像のような巨大な敵が登場するのですが、中に入ると生首と化した彼が鎮座しています。
もっとも、チートコード「idclip」を使用しないと行けない(はず)ので、普段はお目にかかることはありません。

次々とモンスターを生み出して攻撃してくるので、所定の場所からロケットランチャーを撃ち込んで倒しましょう。



このページのTopへ戻る


コーナーのTOPへ戻る