現在地   Topページゲームの仕事Topゲーム史に残るゲームTop > バトルフィールド1942(BatleField1942)



ゲーム業界のトップへ戻る。


ゲーム史に残るゲーム







バトルフィールド1942(BatleField1942)とは?

「バトルフィールド1942」とは、2002年にWindows向けに登場したFPSゲームです。
とてつもない自由度、快適なオンライン対戦など、数々の優れた特徴により大ヒットし、瞬く間にFPSを代表する人気シリーズとなりました。

その後、移植版や公式の拡張パック・続編はもとより、ユーザー製の拡張データが大量に登場し、今なお高い人気を誇ります。



「バトルフィールド」シリーズの歴史

バトルフィールドシリーズはスウェーデンのゲームメーカー「デジタル・イリュージョン・クリエイティブ・エンターテインメント(DICE)」が開発し、エレクトロニック・アーツから発売されているFPSゲームです。
Windowsの他、家庭用ゲーム機も含め様々なプラットフォームで発売されています。

等々、2002年に発売された初代「1942」を皮切りに、拡張パックを含めて多くの続編が発売されています。
実在の戦いをモチーフにした物も有れば、近未来がテーマの物まで有ります。



このページのTopへ戻る


「バトルフィールド1942」はどんなゲームなのか?

タイトルからも分かるように、第二次世界大戦の戦場を舞台にしたFPSゲームです。
「1942」とありますが、ゲーム中では第二次世界大戦全般の期間を扱っており、拡張パックではさらに前後の期間も登場します。


オフラインのストーリーモードとオンライン対戦モードの二つが有り、どちらも枢軸軍(日本・ドイツ・イタリア)か連合軍(アメリカ・ソ連・イギリス・カナダ)に分かれて戦います。
ストーリーモードはキャンペーンモード形式でマップが進み(分岐は無し)ますが、コンピューターのAIが貧弱すぎるので、あくまでゲームに慣れる練習の場といった感じです。


「バトルフィールド1942」のメインはなんと言ってもオンライン対戦モードでしょう。
最大60人が入り乱れて戦うこのモード、一度プレイすれば病みつきになる事間違いなし。 私もピーク時には毎晩のようにやっていました。

オンライン対戦が快適なのはもちろん、ファンクションキーを利用したメッセージシステムなど、様々な面で優れたシステムを持っているゲームです。



このページのTopへ戻る


驚愕のポイント1 ~恐るべき自由度の高さ~

このゲームの特筆すべき点は多々有りますが、その一つは驚異的な自由度の高さでしょう。
そのいくつかを紹介すると・・・



このページのTopへ戻る


驚愕のポイント2 ~マップに点在する多彩な兵器群~

バトルフィールド1942は歩兵同士の戦いが基本となるゲームですが、兵種以上に多彩な兵器が登場し、それを活用することで優位に戦いを勧めることができます。



このページのTopへ戻る


驚愕のポイント3 ~プレイヤーの個性が出るゲームシステム~

簡単に(?)説明してきたように、「バトルフィールド1942」のシステムは非常に自由度が高いです。
それ故に、各プレイヤーの個性が発揮されやすく、毎回バラエティーに富んだゲームになります。

例えば、突撃兵でひたすら突撃してくる勇猛果敢なプレイヤーが居れば、その一方で工兵や衛生兵としてサポートに徹するプレイヤーも居ます。
航空機専門でほとんど空中に居るプレイヤーや、偵察兵で狙撃してばかりのプレイヤーも居ます。
また、敵の拠点に忍び込んで占領や兵器奪取を得意とするプレイヤーも居ますし、そんな破壊工作担当の敵を排除するのを得意とするプレイヤーも居たりします。


この様に、ゲームシステムが非常に自由度が高く、搭乗する兵種や兵器が多彩なので、各プレイヤーの個性が出やすいというわけです。
慣れてくると、相手のプレイヤー名を見れば、その人がどんな戦い方をするかが大体把握できるので、対策も立てやすくなります。

昔からゲームの楽しみ方は色々提案されてきましたが、ここまでプレイが幅広いゲームは珍しいのではないでしょうか。



このページのTopへ戻る