現在地   Topページゲームの仕事Top大学と専門学 > 大学や専門学校を卒業する必要はあるのか?



ゲーム業界のトップへ戻る。


大学と専門学校






大学や専門学校を卒業する必要はあるのか?

ゲーム業界への就職を目指す場合、おそらくほとんどの人が高校卒業後に大学か専門学校へ入学し、そこで技術や知識を身につけてから就職試験に挑むと思います。

では、大学や専門学校へ進学せず、高校卒業後にゲーム業界へ就職する事は不可能なのでしょうか?



高校卒業後に正社員登用された人も居ます。

ゲーム業界は文字通りゲームを造るのが仕事です。
もちろん、事務・法務・人事・営業など、直接ゲーム開発に携わらない職種の人も大勢いますが、割合的には開発職の人が多めです。

開発職にはデザイナーやプログラマーなどがありますが、それらには専門的な技術や知識が必要とされるため、多くの人は高校卒業後に大学や専門学校などへ進学し、そこで技術や知識を身につけます。

そして、それを活かして作品を造り、それをもって就職戦線に挑むのが一般的な流れです。


では、高卒でゲームメーカーに就職するのは不可能かと言いますと、私の勤める会社の例では「可能」となっています。
割合的には大卒や専門卒がほとんどですが、ごく少数ですが、毎年高卒で入社している人もいるようです。

もちろん新卒・正社員としての採用です。
その内容を見てみると、工業高校や商業高校が多めですが、普通科も居ます。


ただし、私の勤める部署ではなかったため、その人が入社後に何の業務を担当しているかは不明です。
もしかしたら開発職ではないかもしれません。

また、会社によっては大卒のみ採用としている場合もあるようですし、そもそも高卒採用の割合は非常に低いので、選択肢は少なく、難易度も高いのは間違い無いのが現状です。


やはり、大学や専門学校等に進学して学ぶのが一般的な流れという事になるのでしょう。



このページのTopへ戻る


コーナーのTOPへ戻る