現在地   Topページ車コーナーTop > ミュルーズ自動車博物館 Page:06(Mulhouse Museum 6)



TegeYoka.comのトップへ戻る

車ページのトップへ戻




エンジンデータベース
トヨタ・レクサスのエンジン
ニッサン・インフィニティのエンジン
ホンダ・アキュラのエンジン
マツダのエンジン
スバルのエンジン
ミツビシのエンジン
スズキのエンジン
ダイハツのエンジン
BMWのエンジン


画像集
メガウェブ画像集
フランス・パリ画像集
ミュルーズ自動車博物館画像集
上海画像集 モーターショー画像
ミュルーズ自動車博物館イメージ

ミュルーズ国立自動車博物館 画像集6(Mulhouse Museum 6)

あまたの自動車の中には非常にユニークなデザインのものがあります。
ここミュルーズ自動車博物館では、そんなユニークな車の一端を見る事ができます。



一度見たら忘れられなくなるようなユニークな車達。

自動車や軍事兵器などの工業製品には、時々とても奇抜なデザインをしたものが登場します。
ここミュルーズ自動車博物館にも非常に奇抜なデザインの自動車が展示してありました。

最近でもトヨタの「Will Vi」などの変わったデザインの車はありますが、それらを考慮しても、過去に私が見た自動車の中では群を抜いて奇抜なデザインの車でした。

ARZENS BIPLACE 「LOEUF」

ARZENS BIPLACE 「LOEUF」_01 ARZENS BIPLACE 「LOEUF」_02

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


こちらは「ARZENS BIPLACE 「LOEUF」」という車です。

見た瞬間に「なんだコレはっ!?」と言わずには居られなかったのがコレです。
まるでゴルフ場を走っているカートのようなデザインです。


側面から前方にかけてほぼ全てがガラス張りですが、「視界が良さそうだ」とか「夏は暑いかも」とか言う以前に、事故ったら間違いなく「ドライバー込みで」全損してしまいそうで、非常に恐ろしいですね。
ガラスばっかりだし、ピラーも細すぎて、とても十分な強度があるようには思えません。


ステアリングも異様に軸棒が長いですが、インパネ部分が遠すぎるというのが正しい表現でしょうか?
バランスも悪そうなので、急カーブを曲がったら横転してしまいそうです。


ARZENS BIPLACE 「LOEUF」_03 ARZENS BIPLACE 「LOEUF」_04

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


こちらは車体後方の様子です。
前方が視界良好な反面、後方視界は皆無に等しいデザインとなっています。 バックで車庫入れとか難しいでしょうね。
ギラギラしたステンレスのような車体ですが、真夏日とか加熱しないでしょうか?



このページのTopへ戻る


ARZENS CABRIOLET 「LA BALEINE」

こちらも一度見たら忘れられないようなデザインの「ARZENS CABRIOLET 「LA BALEINE」」という車です。

ARZENS CABRIOLET 「LA BALEINE」_01 ARZENS CABRIOLET 「LA BALEINE」_02

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


ここまで来ると、もうなんと表現すればいいのか困ってしまうようなデザインをしています。
このデザインで違和感なく過ごせるのは、もはやサンダーバードかウルトラ警備隊くらいではないでしょうか!?
ボンネットが異様に長いので、車両感覚を掴むのが難しそうですね。 一度車庫入れに挑戦してみたいです。


ARZENS CABRIOLET 「LA BALEINE」_03 ARZENS CABRIOLET 「LA BALEINE」_04

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


こちらは前方グリル部分のアップです。
どういう理由でこのデザインになったのかは不明ですが、中にはエンジンと思われる機械が収納されています。
cd値(空気抵抗)は良いのか悪いのか、いったいどっちでしょうね?



このページのTopへ戻る

PANHARD-LEVASSOR 「COACH DYNAVIA」

こちらは「PANHARD-LEVASSOR 「COACH DYNAVIA」」という車です。

PANHARD-LEVASSOR「COACH DYNAVIA」_01 PANHARD-LEVASSOR「COACH DYNAVIA」_02

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


こちらも十分強烈なデザインをしているのですが、前の二台に比べたらおとなしく見えるから不思議ですね。
バンパー等が非常に特徴的なデザインをしていますが、グリル中央にあるスピーカーみたいな穴は何でしょうか?
ボンネット上にあるエンブレム(?)みたいなオブジェも非常に特徴的です。



このページのTopへ戻る

PANHARD-LEVASSOR「BERLINE DYNA ZI」

こちらは「PANHARD-LEVASSOR「BERLINE DYNA ZI」」という車です。

PANHARD-LEVASSOR「BERLINE DYNA ZI」_01 PANHARD-LEVASSOR「BERLINE DYNA ZI」_02

*画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


これまでの車に比べると、かなり大人しいというか普通なデザインをしています。
過去にトヨタが千台限定で発売したオリジンを彷彿とさせるデザインです。

しかしながら、今回紹介した車両のどれもが個性的なデザインのバンパーやグリルを持っていますね。
また、ワイパーは付いているものの、まだサイドミラーなどが未装備のようです。



このページのTopへ戻る


次は「BUGATTI BIPLACE COURSE Type32」等の競技車両をご紹介します。

1  2  3  4  5  6  7  8  9